「食料自給率」の罠 - 輸出が日本の農業を強くする

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

「食料自給率」の罠 - 輸出が日本の農業を強くする

  • 著者名:川島博之
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,100)
  • 朝日新聞出版(2010/08発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「食料自給率40%」におびえる日本の食卓の未来を予測する。食料自給率が低くても、農家の後継者が少なくても、日本が食料の危機にさらされることはない! 事実誤認に基づく対策こそが日本農業を追いつめ、食の安全保障を危うくする。食料自給率が低いほうが、「日本の農業」は強くなれる! 最強の農業国オランダも穀物自給率が低いなど、食と農の真実の姿を明らかにし、不毛な議論に終止符を打つ!

目次

第1章 人口が増えれば「食料自給率」は下がる
第2章 食料自給率が下がると、「日本」は飢えるか
第3章 穀物は安く、利益を出すには「規模拡大」しかない
第4章 「地方の人口」が多い日本では、規模拡大ができない
第5章 「広い土地」を必要としない農業は有望
第6章 農業における「選択と集中」を考える