スタートアップ・ウェイ 予測不可能な世界で成長し続けるマネジメント

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,200
  • Kinoppy
  • Reader

スタートアップ・ウェイ 予測不可能な世界で成長し続けるマネジメント

  • ISBN:9784822255695

ファイル: /

内容説明

■クリステンセン教授など大物が大絶賛!
「大企業になっても成功しつづけるにはどうすればいいのかを研究してきたが、まさしくその実践的ガイドとなるのが本書だ」
クレイトン・クリステンセン(『イノベーションのジレンマ』著者、ハーバード・ビジネス・スクール、キム・B・クラーク記念講座教授)

「最先端を行きたいと考えるリーダーなら、この本の内容をじっくり身につけなければならない。
本書は、大企業から家族経営の零細企業や非営利組織にいたるまで、先進的な組織にとって、今後何十年も必須の道しるべとなるだろう」
ローレンス・サマーズ(チャールズ・W・エリオット記念講座教授、元米国財務長官)

「大企業がスタートアップのようになるにはどうすればいいのか……いや、その企業が生まれた当時の集中力や熱気を取りもどすには
どうすればいいのかと言うべきか。そのやり方を示すのが本書である」
マーク・アンドリーセン(アンドリーセン・ホロウィッツの共同創業者兼パートナー)

■GE、トヨタなど大企業、ドロップボックスやエアビーアンドビーなど豊富な事例

GEやトヨタがいかに「スタートアップ・ウェイ」で組織を生まれ変わらせたのか?
「俺たちが作っているのは、すぐに修正できるようなソフトウェアと違うんだ」
当初は大企業の社員、役員に大きな反発を受けながらも、著者エリック・リースは組織、社員の思考、人事制度も変革していく。
その生々しい事例とともに、スタートアップ・ウェイの実行方法が手にとるように理解できます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MATSUDA, Shougo

53
リーンスタートアップの続編。リーンスタートアップの考えを大企業に取り入れる際の事例含むポイントの掲載があります。先行指標を取り入れた評価など急ぎ活かせそうな点もありました。2020/05/12

Tenouji

10
リーン・スタートアップの著者エリック・リースの待望の図書。実際に著者が体験した大企業への導入経験をベースにした内容。GEも、実際に採用し始めている、と聞いて、この流れは、本流になる可能性があるのかもしれない、と感じました。2018/06/23

イノベーター

5
ウェイウェイって死語? http://www.4-de.net/changebook/%E6%96%B0%E8%A6%8F%E4%BA%8B%E6%A5%AD/startupway/2018/09/04

人工知能

3
リーンスタートアップの実践版。学びは計量型会計という管理法で、売り上げやROIといった結果指標で評価するのではなくコンバージョン数等の先行指標ボードをまずは作る、その後はビジネスケースに用いる指標のみを一覧化してビジネスモデルは適切に機能してるかを(やはり先行指標で)チェック。そうすれば売り上げは後できちんと付いてくる。VCもこういう見方をしている。後は法務部の事例。予算をたくさん使う&サンプル数を使用する時は法務部を通す、ということにするとそれ以下に抑えた実験をやろうとするので、むしろ吉。2019/10/20

Luo Yang

3
リーンスタートアップ手法を継続的な組織変革に用いる方法について、エリックリース自らの経験に基づいて提言する強烈な本。企みが大きい。2018/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12793327

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。