ムダゼロ会議術

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

ムダゼロ会議術

  • 著者名:横田伊佐男【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 日経BP(2018/05発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822257859

ファイル: /

内容説明

長い! 薄い! 発言がない! 決まらない!
日本中のオフィスに蔓延する
でっぷり、ムダにあふれた“メタボ会議”
この一冊で、そんなダメダメ会議とおさらばだ!

著者はこれまで延べ3万人にマーケティング戦略などを叩きこんできたカリスマコンサルタント。これまで数千、数万の会議に参加し、ファシリテーションなどを担当。
「会議術」の講義で高い評価を得ています。そんな著者が、自身の経験を通して紡ぎ出した会議術を、余すことなく盛り込みました。

本書の特徴は3つあります。
【特徴1】会議の「4つの悩み」にフォーカス
ダメダメ会議の原因は、突き詰めると「時間が長い」「内容が薄い」「何も決まらない」「発言がない」という4つに収斂します。本書はこの4つの悩みに絞り込み、徹底してムダを省くノウハウをお伝えしています。
【特徴2】解決策は「紙1枚」に集約
4つの悩みへの処方箋、つまり対策は「紙1枚」にまとまっています。詳細なノウハウを「紙1枚」にまとめたことで、記憶に残りやすくなる。記憶に残れば実践できます。難解で面倒なノウハウをお教えするつもりはありません。さくっと読んですぐ実践!だから、会議が変わるのです。
【特徴3】「基本と応用」をバランスよく構成
本書の前半では、会議術の基本理論を紹介します。そして後半では応用編を紹介。ビジネスパーソンを4世代に分け、読者の皆さんが会議でどのような発言をし、どのように振る舞えばよいのか、説明しています。

きっとあなたの会議は、あなたの会社は、あなたの人生は、大きくさま変わりするはずです。ようこそ!「ムダゼロ会議術」の世界へ

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるー

13
これは日本企業の永遠のテーマな気がする…うちの会社もだいぶマシになったものの、目的などがもっと明確なものであれば、ファシれる人が進行すれば、更に中身のある内容になるんだろうな、という印象。まずは自分が出来ることから取り組んでみよう!2018/12/18

かめはめ

3
「長く薄いメタボ会議」を「短く濃い筋肉質会議」へ変えていくためのノウハウ本。会議前に考えるべきは、「誰を呼ぶか」逆に言えば「誰を呼ばないか」に尽きる。確かにその通り・・・。2018/08/19

oriha_books

3
会議は 問い→答え の連続。だから議題には?が付いている必要がある。 比較(目標-実績=ギャップ、のような差分が議題になるはず)し、数字をいれ、what why hawを意識して議題にすると論点がぶれない(どのステージにいるのか) 会議は冒頭30秒で「こうなったら会議は終了」という目標を宣言する。共有の場合は、短い言葉でスイッチを入れることを目標にする。 会議進行のシナリオは理想最悪中間の順でぼんやり3つ用意する。 進め方は、前後半に分けて拡散・絞り混みに分ける。後半は否定的・現実的な意見で折り畳む。2018/05/27

アイロニカ

2
職場の会議に閉塞感を抱いていたため読んだ。悪い会議の問題点を明確にした上で、改善するための対策を前・中・後の3つのフレームに分けて紹介している。各章の終わりに内容をまとめてあるおかげで参照しやすいのが嬉しい。僕自身は会議前に口出しする立場にないが、議題の問いやシナリオを意識して会議に参加したり議事録を書いたりするだけでも現状から変われるのではという気にさせられた。ひとまず同僚にこの本を紹介して影響力を拡散する所から始めるとしようか。和田ラジヲのイラストは気が抜けてしまうので賛否あるかもしれない。2018/09/15

Tetsuya Fujikura

2
会議のムダをゼロにするための方法を書いた本。求められる能力が問題解決能力とコミュニケーション能力と冒頭に書いてあるが、内容はそれだけに止まらない。議題に「?」をつけるとか、鳥の目で「ぼんやり」シナリオを書くとか、「行き先」を決めるとか、議事録を先に書いて会議を制圧するとか、年代別の傾向と対策(特に白悪魔の代弁者になる)とか、会議以外でも参考になる。本題につなげる導入の記載や比喩的な記載は、読者ウケを狙いすぎとの印象を受けるが、それ以外はなかなかよかった。日経新聞の広告でたまたま見つけた割に当たりだった。2018/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12755428

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。