日本てくてくゲストハウスめぐり

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

日本てくてくゲストハウスめぐり

  • 著者名:松鳥むう
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 地球の歩き方(2018/05発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784478060735

ファイル: /

内容説明

イラストエッセイスト松鳥むうが国内のゲストハウスの魅力を描くコミックエッセイ。昭和レトロな宿と化した廃校の小学校、庭の先に海が広がる自然いっぱいの宿など日本のすてきがぎゅっと詰まったお宿が続々登場! その土地で暮らす人々の日常を垣間見ながら、ゲストハウスならではの出逢いを楽しむ旅スタイルに注目です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっこ

39
日本各地のおすすめゲストハウスをイラストエッセイで紹介しています。ゲストハウス未経験の私、宿泊システムなども新鮮で楽しく読みました。初対面の宿泊者同士、持ち寄りで夕ご飯を食べたり飲み会したりお出かけしたり。楽しそう!オーナーさんも宿泊者も個性的な人が多く、いろんな話が聞けるのも嬉しい。宿泊者は若い子が多いんだろうな〜。子供が手を離れる頃にはもう無理か…(T_T)廃校を利用したゲストハウスに泊まってみたいです。2021/09/29

リコリス

39
地元密着型で人と触れ合う旅がすごく楽しそう!ゲストハウスに泊まったことはないけれど京都に行っても最近よく見かける。そこの人に惹かれて「ただいまー」って感覚でまた行きたくなるんだろうな。美味しそうなご飯ももちろんだけど人とのつながりが魅力的。地域別のおススメゲストハウスが載っていたりなんだか懐かしい感じがすると思ったら地球の歩き方のコミックエッセイだったんだ!地球の歩き方には独身の頃お世話になりました。やっぱりフリーの旅いいなぁ。2019/01/17

シルク

19
ゲストハウスが好きだ。ここ数年はどっか旅する時は、ゲストハウスに泊まっている。自分はあまり社交的という訳ではない。なのだけど、旅人同士で同じ食卓囲んだり、ゆるっと会話が生まれるゲストハウスは、なんか好きなのだ。あるゲストハウスでは、深夜居間で読書していたら、3時頃によそのお母さんが起きてきた。日中は2人のお子さんの世話でてんやわんや~の彼女と、少女漫画談義に花を咲かせた。また別のゲストハウスでは、中国人の女の子となんか気が合って、滞在中よく微笑みあっていた。この本に載ってる信楽の宿は、行くぜ! と思う。2019/07/23

ケロコ

17
【図書館】中々人から影響を受けなくなっている世代のケロコには、ちょっと、息苦しい本でした。2019/05/03

多津子

16
旅先で知らない人と話すのは好きだけど、ゲストハウスに泊まる勇気はない。パリピ感が強い気がして…。楽しそうだとは思うけど自分は溶け込めそうにないので読んでいるだけで満足。観光よりも宿が目的っていう旅もいいね。2021/10/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12016544

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。