集英社オレンジ文庫<br> 九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

集英社オレンジ文庫
九十九館で真夜中のお茶会を 屋根裏の訪問者

  • ISBN:9784086801850

ファイル: /

内容説明

都内で働く長門つぐみは、祖母の遺言で、九十九館という洋館を相続することに。九十九館は柏木という青年が管理人となり、他に数名の下宿人がいるという。何度か九十九館に訪れるうち、つぐみは下宿人たちとは違う、不思議な存在に気付く。どうやら九十九館には何かが隠されているようだった。それと同時に、二年つきあっていた恋人の圭介との関係もぎくしゃくし始めて?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

山猫

11
合わない。漫画「小さなお茶会」的なものを期待して読んだのが間違いだった。2018/12/23

なつき

8
祖母が亡くなり九十九館を相続したつぐみ。九十九館に住んでいるのはワケありの人たちばかりで、どうしてもつぐみが必要だと言うが…。なんとなくどこかで読んだような設定が多くて、新しさが感じられないのですが、文章は読みやすい。能力者たちのシェルターとなる九十九館、そこに棲むカンパネルラ、1巻はつぐみの周囲を片付けることで終わったので、住人たちにスポットを当てた続編もあるのでしょうか。2018/10/29

ばんび

7
好きな雰囲気のお話だった。 今後も読みたい。2020/07/14

チェス

4
楽しめたけど、結構中途半端なところ、ない? 会社のことや元カレのことや、、、おかーさん出てきたけど、おとーさんは?その後どうしたのかな? 2021/01/07

ホシナーたかはし

3
うーん、一巻がほぼつぐみの家庭・恋愛・仕事事情で終わっていて、九十九館の住人の話のはずが以下気になるなら次巻て雰囲気。竜宮ホテルの派生か劣化版か。ゆきこちゃんとゆうとくんがすげー気になるし好きかも。2018/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12712813

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。