週刊東洋経済eビジネス新書<br> パナソニック100年目の試練―週刊東洋経済eビジネス新書No.248

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

週刊東洋経済eビジネス新書
パナソニック100年目の試練―週刊東洋経済eビジネス新書No.248

  • 著者名:週刊東洋経済編集部【編】
  • 価格 ¥432(本体¥400)
  • 東洋経済新報社(2018/04発売)
  • 中秋の名月に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/24)
  • ポイント 100pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

プラズマテレビなど家電事業の巨額損失で一敗地にまみれた後、津賀体制はリストラで再生の道筋をつけた。次は車載電池への投資などで攻めに転じるが、課題は山積みだ。2018年3月には創業100周年を迎えた。売上高7兆円超、グループ従業員27万人超を有するパナソニックが、次の100年へ向けた戦略は次世代自動車やそのシステムへシフトする。その舵取りを担う津賀CEOをはじめ、異色のキーマンへのインタビューを含め、これからの選択と集中を探る。

本誌は『週刊東洋経済』2017年12月16日号掲載の27ページ分を電子化したものです。

目次

次の100年の牽引役は「車載電池」と「外部人材」
INTERVIEW パナソニック社長兼CEO・津賀一宏
テスラと共に歩む 電池は造れば売れる
就任6年目 津賀改革七つの決断
軸足を家電から車にシフト 突破口はEVと自動運転
INTERVIEW オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社長・伊藤好生
テレビの技術で世界と戦う
熾烈化する車載電池バトル LG、サムスンに勝てるか
INTERVIEW パナソニック専務執行役員・樋口泰行
改革にタブーはない 組織を生まれ変わらせる
新規事業を生み出す組織改革 「横パナ」で部門の壁を破れ
INTERVIEW パナソニック ビジネスイノベーション本部 副本部長・馬場 渉
大企業病は必ず克服できる
インド、中国攻める家電事業
INTERVIEW パナソニック 専務執行役員 アプライアンス社 社長・本間哲朗
ハイテクだけで勝負しない
赤字が続く液晶、半導体 問われる事業の選択と集中