虚子に学ぶ俳句365日

個数:1
紙書籍版価格 ¥836
  • Kinoppy

虚子に学ぶ俳句365日

  • 著者名:週刊俳句
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 草思社(2018/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794223081

ファイル: /

内容説明

高浜虚子は近代俳句の祖・正岡子規に兄事し、子規没後は俳句雑誌「ホトトギス」を率い、俳句を国民的文芸に育てた近代最大の俳人である。生涯を通して20万句を超える句を詠んだと言われる虚子。そんな虚子の残した数多くの俳句から、時候・行事に合わせて365句を選び、注目の若手俳人6名がその魅力を解きほぐす。現代的でわかりやすく面白味に富んだ虚子の俳句を味わいながら、俳句の骨法を習得しよう。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

双海(ふたみ)

16
うーん、やはり虚子が好きだな。何も言っていないのになぜか忘れられない句がある。それはいわゆる駄句のことが多いが、しかし・・・しみじみとした味わいがあると思うのだ。また、ユーモアの句もあり:「大寒の見舞に行けば死んでをり」。美しい句もあり:「そのまゝに君紅梅の下に立て」・「打水に暫く藤の雫かな」。そして大振りな句もよい:「どかと解く夏帯に句を書けとこそ」2019/08/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12505280

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。