ブルーバックス<br> 世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,188
  • Kinoppy
  • Reader

ブルーバックス
世界を救った日本の薬 画期的新薬はいかにして生まれたのか?

  • 著者名:塚崎朝子【著】
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,080)
  • 講談社(2018/03発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065020500

ファイル: /

内容説明

がん治療に革命をもたらす「免疫チェックポイント阻害薬」、新型インフルエンザやエボラ出血熱に対抗できる抗ウイルス薬、がん治療の「魔法の弾丸」ともいえる分子標的治療薬など、日本人研究者が関与した「画期的新薬」が続々と誕生している。彼らはなぜ偉業を成すことができたのか。地を這うような苦闘の末に舞い降りた幸運の物語

目次

第1章 世界を変えた日本の薬
第2章 世界を救った薬
イベルメクチン
ファビピラビル
第3章 がんを薬で治す時代へ
ニボルマブ
クリゾチニブ
トラメチニブ
モガムリズマブ
第4章 生活習慣病を押さえ込め
カナグリフロジン
ジルチアゼム塩酸塩
カンデサルタンシレキセチル
痛風=トピロキソスタット
痛風治療薬を支える技術
第5章 ペプチド・ハンティングから薬へ
ボセンタン
スボレキサント
第6章 中枢神経に働きかける
アリピプラゾール
ナルフラフィン塩酸塩
第7章 出血を止める薬と血栓を防止する薬(岡本夫妻)
トラネキサム酸
アルガトロバン
第8章 難病もよくある病気も
フィンゴリモド塩酸塩
ゾニサミド
タムスロシン塩酸塩
シダトレン

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

夜長月🌙新潮部♪

75
先進国にはどの国にも新薬を作り出せる製薬会社が1つや2つ必ずあると思っている人が多いのではないでしょうか。世界で通用する新薬開発能力のある国は実は6ヵ国しかありません。アメリカ(ここが断とつ)、スイス、日本、イギリス、ドイツ、フランスだけです。日本で生まれた新薬といえばノーベル賞を受賞した本庶先生のオプジーボが有名です。その作用機序は癌免疫のブレーキをはずすことにあります。免疫受容体、ITIM、ITSMのチロシン残基がリン酸化され誘導された酵素がT細胞の活性を抑制します。これを阻害すればいいわけです。2021/02/08

アキ

29
イベルメクチンもニボルマブも日本で発見し創薬し世界に認められノーベル賞を獲った。他にも華岡青洲の世界初の麻酔薬や麻黄からエフェドリン、副腎の抽出からアドレナリン、北里柴三郎の抗毒素、インフルエンザ治療薬のリレンザ・タミフルなどなど。そもそも世界で創薬ができる国はアメリカ、イギリス、フランス、スイス、ドイツそして日本の6か国だけ。でも日本に製薬会社が30社あるのに世界では20社のみ。国際競争力を上げるために5社位にすべきとは本庶氏の提言。個人的には「冬虫夏草」から免疫抑制剤を作った藤多氏の人生が印象に残る。2018/10/04

てつJapan

13
【〇】・ これでもかと出てくる化学式は理解できなかったが、新薬を作り出した方々の熱い思いはこの本から伝わりました。 ・ 超ハイテクな創薬に身を置いている方から出た「創薬は機械に頼らず丹念なデータの読み取り」、「ハイテクや人手がなくても感性・努力・ひらめきで道は開ける。」といった言葉は励みになりました。2018/11/23

もくもく

8
国策的な薬価操作による先発医薬品叩きと、ジェネリック医薬品利用の闇雲な奨励が、医療費削減の錦の御旗の下で続けられる現在、国内での創薬がリスクばかり大きくリターンの少ない仕事となり、もう「世界を救う日本の薬」は生まれないのかもしれない…なんて思いながら読了したのでありました。(ToT)2018/04/24

雑賀貴志

4
何となく理解できたかな…。創薬に関するある程度の知識がないと読むのに苦労すると思います。2021/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12706015

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。