PMの哲学

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,530
  • Kinoppy
  • Reader

PMの哲学

  • 著者名:室脇慶彦【著】
  • 価格 ¥2,530(本体¥2,300)
  • 日経BP(2018/03発売)
  • ポイント 23pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822257378

ファイル: /

内容説明

PMBOKに書いていないプロマネの極意
すべてを「体感」すれば成功する!

 著者の豊富な経験をもとに、失敗しないPM論が展開されています。PMは何を見ているのか、チームの中でどのような存在なのか、各開発フェーズでは何をするのか。PMの思考や言動の教科書として、「PMの哲学」が語られています。

 本書がユニークなのは、主に以下の2点です。

 1点目は、規模を意識したマネジメントを解説していることです。マネジメントは規模によって変える必要があり、本書では、ほとんどのプロジェクトが分類される中規模を対象にしています。多くの市販本は、規模をあまり意識していません。中規模では、PMである前にSEでなければなりません。つまり「プレイングマネジャー」であることが求められるのです。

 2点目は、PMBOKだけではうまくいかないという立場に立っていることです。PMBOKはITに限らない多くのプロジェクトを前提にしているので、ITではその特殊性を考慮しなければなりません。その代表は「品質」です。PMBOKでは品質が測定できる前提なのですが、ソフトウエアは目に見えないため、品質を測定しにくいという特性を持っています。それに目を背けず、立ち向かっていかねばならないのです。

 本書で解説している「哲学」こそ、一流PMへの登竜門なのです。

目次

第1章 プロジェクトマネジメントの優先順位
第2章 品質曲線
第3章 PMBOKのポイント
第4章 PMがITプロジェクト全体で考慮すべき事項
第5章 SEとして重要なシステムデザインの視点
第6章 プロジェクト計画の策定
第7章 要件定義フェーズでのプロジェクトマネジメントの要諦
第8章 設計・開発フェーズでのプロジェクトマネジメントの要諦
第9章 検証フェーズでのプロジェクトマネジメントの要諦
第10章 移行でのプロジェクトマネジメントの要諦
第11章 PMの心得
第12章 ソフトウエアエンジニアリングの今後と対応

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

83
プロジェクトマネジメントに関する考え方をそのステージでどのようにしていくのかが語られています。私は雑誌に掲載されていた時から読んでいたので内容は理解していましたが、通読してみると理解が進みました。この著者のように私もPMBOKに依存しすぎるのはどうかと思いますが、PMBOKも国際標準なので基本的な考え方のみを取りいれていけばいいのだと思いました。PMにはこのような考え方もあるということで読み物としてはいいのでしょう。2018/05/19

mkt

3
今まで独学でただプロジェクトを進めるだけだった。QCDの意識と、Q〉Dの意識の重要性を解いていただき、本質を見誤ってはいけないなと猛省した。 良いものをお客様へ届けるという意識を再度持ち直し、日々の業務を進めていくこととする。 20200617読了 247ページ 24分2020/06/17

pinevillageKNG

2
各文章が散文的で、全然入って来なかった。。教科書の様な本なので、これで正解、なのか?PMとして大切なこと、身につけるべき知識や心得など、ポイントに絞った読み方をすればもっと入って来たのかな?せっかく読んだけど時間ばかりが経過して、身になる知識は得られなかったので辛かった。まだ、私がこれを読むレベルに達していなかったのだと思います。2019/09/01

おい

2
書いていることは当たり前の事が多いが、雑誌連載記事の為か哲学だからか、ポイントの纏めや図表が無く、分かりづらい。この点はPMとしてどう考えたのだろう。 ★★2018/05/18

Kenji Murakoshi

0
プロジェクトマネジメントの中でもシステム開発且つ中規模プロジェクトに特化した内容で、タイトルに哲学とあるとおり、考え方や姿勢の話が多いです。 言ってることは正しいし、納得感はありますが、当たり前のことを当たり前にやるというのがいかに難しいか、再認識させられます。 そういう意味ではPM初心者だけでなく中級者以上の方にも振り返りや自己啓発的に読む価値のある本だと思います。2019/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12768079

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。