リクルート 挑戦する遺伝子

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

リクルート 挑戦する遺伝子

  • 著者名:日本経済新聞社【編】
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 日本経済新聞出版社(2019/02発売)
  • 桜開花宣言!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~3/24)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

知られざる巨大企業の全貌に迫る!
・売上高1兆2000億円、グループ従業員数 3万人。世界の拠点数は16カ国・地域で900
・2014年10月についに株式上場。時価総額は一時2兆円超え、楽天、電通を上回る
・創業54年で定年退職者6人、多くのOB・OGが様々な業界で活躍する人材輩出企業
・平均年齢33歳。海外現地法人社長が32歳女性など、30代で役員に多数抜擢
・弱点はネットサービスの遅れ、世界での知名度のなさ

リクルートは「じゃらん」「リクナビ」「ゼクシィ」「SUUMO」「ホットペッパー」など数々のサービスを生み出し、日本人の生活に浸透している。故・江副浩正氏が起こしたベンチャーの雄で、社風は体育会のノリ。強力な営業集団として知られる。また、戦後最大のスキャンダルとなったリクルート事件でも有名だ。
多くのイメージで語られるリクルート。だが、その本当の姿は知られているだろうか。
本書は、日経新聞記者が、リクルートのトップ層から現場、海外から国内まで幅広い社員を取材し、イノベーションを生み続ける強さの秘密や、株式上場を機にリクルートが目指すビジネスの未来などを明らかにする。「日経産業新聞」の連載企画「リクルート 第3の創業」をもとに、大幅に加筆した。峰岸真澄・リクルートホールディングス社長をはじめ、主要7事業会社トップのインタビューも収録。