夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

夫婦で歩んだ不妊治療 あきらめなかった4年間

  • 著者名:矢沢心【著】/魔裟斗【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 日経BP(2018/02発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 390pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822257743

ファイル: /

内容説明

流産して知った、妻の気持ち。
絶対に産むと決めていた、夫の子ども。
矢沢心・魔裟斗夫妻が、自らの経験とともに語る
これから治療に臨む人へ伝えたい想い
4年にわたる山あり谷ありの不妊治療を夫婦で乗り越え、
2児の母となった女優・矢沢心さんと、
夫で格闘家・タレントの魔裟斗さんが
自らの経験を語りながら、これから治療を始める人、
現在治療中の人にエールを送ります。

治療を進めるなかで孤独感や不安を抱えることも多い不妊治療。
でも、夫婦で静かに寄り添い合い、気持ちを共有することで
乗り越えられた経験があるからこそ、同じ立場にいる人を応援したい。
そんな二人の想いがこもった1冊です。
-------------------------------------------
「私たち夫婦は、不妊治療に一縷の望みをかけ、共に歩んできました。
出口の見えないトンネルを、長い間さまよっていました。
今振り返ると、こうして無事子どもを授かることができたのは、
奇跡のような道のりだったと感じます。

今も、授からなくて悩んでいる人はたくさんおられると思います。
そんな人たちに、不妊治療へ臨むことに抵抗や不安を感じて、
足踏みするようなことはしてほしくありません。
勇気を持って、前へ一歩、踏み出してほしいのです。」
(「あとがき」より抜粋)
-------------------------------------------

目次

◆Chapter 1 矢沢心 夫との出会い、同棲、結婚。そして最初の妊娠反応
◆Chapter 2 矢沢心 “運命の先生”との邂逅。流産と出産
◆Chapter 3 魔裟斗 子どもなんて欲しくなかった
◆Chapter 4 矢沢心 長女出産後から第2子出産まで。そして今思うこと
◆Chapter 5 矢沢心・魔裟斗 夫婦で振り返る不妊治療と、これからのこと
◆監修者解説 浅田義正(浅田レディースクリニック院長
不妊治療を巡る現状と今後について

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

milk tea

29
「パートナーがいて、いずれ子どもが欲しいと考えているなら、とりあえず病院に行って欲しい。自分の身体がどんな状態か知って欲しい。もしパートナーがいなかったり、今は子どもは欲しくないと考えていても、自分の将来を考えれば、一度検査してみてもいいと思います。」まさに、この言葉に尽きると思います。2018/03/17

よつば

15
矢沢心・魔裟斗夫妻の出会いから不妊治療、二児の親になるまでが綴られたエッセイです。 とても読みやすいのですが、穏やかな文章故に不妊治療の過酷さが伝わりにくい面もあり、これから不妊治療を考えていらっしゃる方にはメンタル面では参考になっても内容的にはやや物足りないかも知れません。 ただ未だ男性側は治療に後ろ向きの人が多い現実があるので、出来ればこの本は男性の方々に読んで頂きたいと思います。 夫の理解や協力、思い遣りがある事で、妻側の負担は大きく和らぐ事になると思います。2018/03/20

てるみま。

1
男性側の意見も書かれているのが貴重。2019/05/28

XC

0
★★★★☆主人に渡されて読みました。経験者でないとわからない事も多いかもしれない。けど、社会に世間に少しでも理解が深まれば、救われる人も増えるんじゃないかな。世間の影で、心と身体を懸けて戦っている女性達、そのパートナーを励ます一冊。2021/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12654106

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。