維新史再考 公議・王政から集権・脱身分化へ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,836
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

維新史再考 公議・王政から集権・脱身分化へ

  • 著者名:三谷博【著】
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 特価 ¥1,209(本体¥1,120)
  • NHK出版(2018/02発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

幕末、雄藩が目指したのは武力討幕ではなく、幕藩体制を強化するための「公平な議論」だった。その願いが王政復古と中央集権国家樹立、身分制度の解体につながってゆく道筋を、「課題解決と権力闘争の循環」という一貫した視点で描く。幕末維新研究の集大成として第一人者が世に問う、全く新しい明治維新史。