文春文庫<br> 刑事学校

個数:1
紙書籍版価格 ¥691
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
刑事学校

  • 著者名:矢月秀作
  • 価格 ¥690(本体¥639)
  • 文藝春秋(2018/02発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/27)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

100万部突破の「もぐら」シリーズの著者による警察アクション小説が、文春文庫初登場!

畑中圭介の現職は、大分県警刑事研修所、通称「刑事学校」の教官。
「刑事学校」とは、新たに刑事となる若手警察官に、操作術と刑事魂を実地で教え込む場である。
6名の新米刑事を生徒にして教育中に畑中は、地元の殺人事件の捜査に生徒たちを率いて参加する。

温泉都市・別府市の郊外で、立石健吾が他殺体で発見された。
立石は畑中の小中学校時代の同級生で、当時から名うての問題児だった。
数年前東京から別府に戻ってきたが、高校進学からの数年間、人生の空白期間があった。畑中は刑事学校の生徒たちに探らせる一方、独自のルートで事件の背景を探る。
やがて事件の背後に、IR(統合型リゾート・カジノ)新設利権に絡む政治と裏社会の癒着が見えてきた……。

文庫オリジナルの痛快警察アクション!