アイリスNEO<br> 悪役令嬢はダンスがしたい

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

アイリスNEO
悪役令嬢はダンスがしたい

  • 著者名:しっぽタヌキ【著】/伊藤明十【イラスト】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 一迅社(2018/02発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784758090254

ファイル: /

内容説明

乙女ゲームの悪役に転生したことに気づいたライラック。本来なら、婚約者になるはずの第二王子をヒロインと取り合う役回りなのだけれど――。「ヒロインのおこぼれをもらう脇役人生なんてまっぴら! 私の人生は自分で決める!!」と、恋に落ちる第二王子・セドを避けてダンスに精を出すうち、気づいたらダンス一筋に……!? 小説家になろうでも人気の作品が、書き下ろしを追加して登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

6
目についたので購入。表紙も挿絵も良かった。 物語は自分がゲームの悪役に産まれたと気付いた主人公が破滅のエンディングを回避すべく王子を避け、他の結婚相手を見つける為にダンスの練習をした結果すっかりダンスにハマってしまった、という話。目的と手段が入れ替わるけれど、それがゲームストーリーに囚われない人生の切欠になっているのが面白かった。2018/08/20

pincle

4
自分がゲームで悪役令嬢の立場だったことを思い出した主人公は断罪を避けようとするがゲームと同じ第2王子と婚約してしまう。そして学園ではゲームのヒロインが第2王子に急接近。面白かったけどもう少し頑張って欲しかったとも思う。2020/01/16

きい

3
悪役令嬢として断罪されないために、王子以外の婚約者をGetするために、勉強にダンスにと頑張るヒロイン。web連載で途中まで読んで、挫折した作品だということに、途中まで読んで気がついた(笑)せっかくなので最後まで頑張って読んだ。2018/03/25

Ruto

2
図書館。ライトノベル。悪役令嬢としてゲームの世界に転生したと知った主人公が、断罪を回避すべく懸命になる物語。なかなか面白かったが、どこか物足りなさを感じた。2020/05/21

菊地

2
もうちょっと「ダンス第一主義・ダンスマニア」みたいなノリかと思っていたら、普通に恋する男女の少女小説って感じだった。2018/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12451595

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。