不確かな医学 (TEDブックス)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,485
  • Kinoppy
  • Reader

不確かな医学 (TEDブックス)

  • ISBN:9784255010366

ファイル: /

内容説明

バイアスという名の病と、うまく付き合っていくために。

医学はそもそも科学だろうか?――かつて若き研修医だった著者はその後の医師人生を変える1冊に出会い、普遍的な「医学の法則」を探し始める。
事前の推論がなければ検査結果を評価できない。特異な事例からこそ治療が前進する。どんな医療にも必ず人間のバイアスは忍び込む。
共通するのは、いかに「不確かなもの」を確かにコントロールしつつ判断するかという問題。
がん研究の歴史を描いてピュリツァー賞も受賞した医師が、「もっとも未熟な科学」の具体的症例をもとに、どんな学問にも必要な情報との向き合い方を発見する。

Small books, big ideas. 未来のビジョンを語る。
人気のTEDトークをもとにした「TEDブックス」シリーズ日本版、第10弾。

「私は、医学がこんなにも法則のない、不確かな世界だとは思ってもみませんでした。
小帯、耳炎、糖分解などと、まるで取りつかれたように身体部位や病気や化学反応に名前を付けていったのは、
自分たちの知識の大部分は本当は知りえないものなのだという事実から身を守るために、医者が生み出した仕組みなのではないかと勘ぐるほどです。
こうしたおびただしい数の情報によって、より本質的な問題が隠れてしまっています。それは、情報知と臨床知との融合です。
この2つの領域にある知を融合するための道具立てを見つけられないか――そうした模索が本書のきっかけです。
この本の中で『医学の法則』と呼んでいるものは、実際には不確かさ、不正確さ、不十分さにまつわる法則です。
このような『不』の力が働く知の分野なら、何にでも当てはまります。それは不完全性の法則なのです」(本書より)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

14番目の月

47
「医学という分野では不確かな状況のもとで知識を用いる」 「最も未熟な科学とは最も人間的な科学、私たちが行う営みの中で最も美しく最もはかないものかもしれない」 著者の他の作品よりページ数が圧倒的に少ないので読みやすいです。「遺伝子」や「がん」のプロローグとして読むのに良いと思います。 2021/05/11

たまきら

28
この著者による壮大ながんの歴史の著書で号泣した自分。まさかTEDを元としたこの書籍でまた涙ぐむとは思わなかった。現役の医師でもあるこの素晴らしい言葉の魔術師が織りなすことばの美しさと素直さに、ただただ感謝した。母が受けたあの恐ろしい乳がん手術…。あの治療を見たことがある人だから、同じ痛みを共有するからこそわかる世界にしばらくひたった。TEDも観よう。泣くだろうけど…。2020/08/04

22
医師は、病気を体系的に理解していると思っていた。実際のところ、理解は不完全だという。患者についての事前知識が不足していたり、新薬の効果の個人差を見落としていたり、判断や解釈にバイアスがかかっていたりするからだ。ムカジー医師は「不確かさ、不正確さ、情報の不完全さに直面したときの意思決定が、医学の未来にとって決定的な役割を担い続ける」と主張する。日々、医師は、法則のない、不確かな世界で最適と思われる判断を下しているのだと知った。2021/01/26

zoe

18
事前知識、特異な症例、バイアス。鋭い直観は信頼性の低い検査にまさる、というと誤解を受けるかもしれないですが、ある一定の擬陽性が出る試験を全ての人に実施することと、事前知識に基づいて、ある特定の年齢層や地域の方に実施することを比較すれば、得られる結果に対する意味や効果は異なるということ。異常値を収集し、分析する。思い込まない。冷静にダブルブラインド。根治的乳房切除と乳房温存手術の歴史は悲劇的といえる。無作為化比較臨床試験が1980年に、その後2回も再調査がなされている。それぐらい思い込みの力は強いのだ。2018/09/02

S.Mori

15
著者の様々な経験をもとに真に人間的な医学とは何かを示す素晴らしい本でした。医療に幻滅していた時期がありました。喘息持ちなのですが、息苦しくなって必死の思いで病院に行っても、検査値が正常なので特に何もする必要はないと言われたことがあります。最終的にそんな病院には見切りをつけて、こちらの訴えをよく聞いてくれる病院に行くようになったら、喘息はほぼ良くなりました。著者が重点的に述べている情報知と臨床値の融合は、医療で一番大切なことの一つではないかと思います。医師の知識に当てはまらない症状に出会ったら→2019/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12561201

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。