徳間文庫<br> 虚空の影落つ(電子復刻版)

個数:1
紙書籍版価格 ¥523
  • Kinoppy
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
虚空の影落つ(電子復刻版)

  • 著者名:西村寿行【著】
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • 徳間書店(2018/01発売)
  • 早春のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

徳川幕府が倒れた明治初期、廃仏毀釈の嵐が吹き荒れ、首を落とされた野仏が路傍に転がる信濃路を旅の雲水・虚空が往く。虚空には野望があった。かつて自らも加わり討幕に奔走した赤報隊は、佞臣・岩倉具視の裏切りで指導者は処刑され、虚空はからくも追捕から逃れた。その岩倉と対峙して、信濃二十万の草莽を糾合し、自治国を樹立しようというのだ。歴史ロマンに新境地を拓いた長篇意欲作。