―<br> 「ほめちぎる教習所」のやる気の育て方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader


「ほめちぎる教習所」のやる気の育て方

  • ISBN:9784048961073

ファイル: /

内容説明

一流有名企業も続々見学! やる気のない部下がみるみる育つ。早くて確実な効果がある、ほめる人材育成術。

「やる気」を引き出す「ほめる」ノウハウ。
有名企業や大学、PTAから見学や講演依頼が殺到し、口コミで大人気の教習所があります。

通称「ほめちぎる教習所」。
三重県にある南部自動車学校は、「ほめる教習」を実践しだして3年半。常に三重県ナンバーワンの人気を誇り、合格率が上がり、事故率が下がり、生徒数まで増加しています。
若者の車離れが進み、就職のために仕方なく免許を取る人が増え、叱ると泣き出したり、教習に来なくなる…。
そんな教習所が、劇的に変われたきっかけが「ほめる」ことでした。
モチベーションが低い人でも、自発的に考え、能動的に動くようになれる。数千人以上の若者を「ほめて伸ばした」、誰でもできる「ほめる」ノウハウを明かします。
【ほめることは、マネジメント側にもよい効果を与える】
人をほめることで、指導者側(マネジメント側)のイライラが消えた! 長年叱り続けていたベテランも変えた、ほめる効果。
【業績がアップ!】
社員同士に助け合う空気が生まれ、離職者や、ストレスで心を病む人も減り、自然に業績がアップ。

上司のイライラを手放し、部下の折れない心を育てる。
ほめる視点を手にいれることができれば、仕事の進め方、人の育て方が、必ず変化します。

あなたが厳しく叱っても、いまいち効果を感じられないなら、
ほめて人を伸ばすことを、ぜひ実践してみてください。
「ちゃんと止まれてすごいやん」
こんな単純なひと言がどうして効くのか。
実例に加えて科学的・心理学的視点からも解説します。
言葉がけのコツ、相手の性格別の効くほめ方、「ほめにくい相手」のほめ方など、すぐに実践できるはずです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のり

19
生徒数が減ってきている自動車学校。ほめちぎる指導法に切り替えると、生徒数も増え、指導員のストレスも激減!!みんなが幸せになったという実践例のお話。結局叱ってしまうのは、相手が自分の思い通りにならないとき、即効性があるやり方だから。しかしその場だけできても、相手は変わらない。現時点の到達地点を具体的に褒め、あと何をどれくらいやればより良くなるのか、具体的に示せばどんどん上手くなっていく。わかりやすかったが、ついつい褒めるの忘れちゃうんだよね、特に我が子に対しては笑笑2020/03/07

なにょう

18
ざっと読む。三重県の自動車学校が変わった。「褒める」がうりの学校。教習生はもちろん、教習員にも良い影響があったという。★うちの最寄り駅にもこの学校の広告がある。その広告を初めてみたとき、内心、ふざけてる?と思った。が、ネットのニュースにもなるし、こんな本も出しちゃうし、たまげた。★この本に書いてあること、実行できたら、きっと人生楽しくなると思った。今は先の見えない時代だけど。相手を頭ごなしに否定するじゃあなくて、何か褒めてみる。その方がきっといい。これが千冊目。めでたし。2020/02/23

ベラ

18
ざっくり3パターンに性格を分けて対策が書いてあるのが面白く、特に参考になった。いい人:しっかり者:天才=4:4:2で、例えば「しっかり者」は合理的で形あるものを大切にしたいタイプ。まず結論を言って具体的に指導し、成果が出たら即ほめる。うまく褒めるためには、相手を「わかっていない」前提で見て、なるほどすごいなと感心すること。「すごい」「さすが」「すばらしい」は魔法の3S。反射神経的に口に出し、あとから「なぜなら・・・」と理由を伝える反射ほめを習慣にしたいと思った。□日記はほめる練習になる。日記を書こう。2019/04/16

15
リミテッド ●ドンマイではなくナイストライ! ●山本五十六 やってみせ言って聞かせてさせてみてほめてやらねば人は動かじ ●意見を素直に受け入れるかは信頼関係があるかどうか ●ほめるところがあったらすぐほめる ●魔法の5S すごい!さすが!素晴らしい! ●失敗したら、挑戦する姿勢をほめる ●すぐほめ。最初ほめ ハロー効果。初の印象大事。拡大ほめ 小さなことに目をつける。それが大きな結果に繋がることを加える。プロほめ お手本のようだね! 質問ほめ いい質問だね! ▷今のご時世にあってると思う2021/01/16

カナン

10
いやいや、耳の痛いお話で、子どもをもっと褒めなきゃいけないな。2018/08/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12532883

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。