コミックエッセイ<br> バイトの古森くん

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

コミックエッセイ
バイトの古森くん

  • 著者名:せかねこ【著者】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 特価 ¥550(本体¥500)
  • KADOKAWA(2017/12発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784040696522

ファイル: /

内容説明

「古森くんが可愛すぎる!」「いや、せかねこさんも実はヤバいのでは…」などなど、ツイッターでバズの嵐を巻き起こし、第2回ピクシブエッセイ新人賞大賞を受賞した(ある意味)衝撃の職場マンガが、50ページを超える描き下ろしを加えて初の書籍化!!

頭はあまり良くないが家に猫がいるので毎日が楽しいせかねこ(21歳・女子)、宝くじを買ったこともないのに3億円当たった時の使い道を日々考えている店長(40代)、美人なのに性格に難アリで全く結婚できず病み気味のパートさん(29)。そんな彼らのゆるーい職場にある日突然現れた、可愛い顔してやたら毒舌な新人バイト・古森くん(23歳・男子)。
死んだ目をした古森くんの天然かつ小悪魔な言動の数々。そして、だんだんと露呈していくせかねこの隠しきれない本性(a.k.a.ヤバさ)。超絶ゆるくて、最高に萌えて、どんどん癖になる2人の戦い(?)の日々が、今幕を開ける…!!

ピクシブエッセイ(pixivコミック)での人気連載に加えて、古森くんの新たな秘密が明らかになる「古森くんが泣いた日」、普段はお気楽なせかねこの葛藤と古森くんの優しさが切なく描かれる「せかねこに異動の辞令がきた話」など、単行本でしか読めないエピソードが満載。さらに、ツイッターでバズりまくった、せかねこの中学時代や弟のエピソードなども収録した大充実の一冊です。

古森くん「せかねこさん、梅味の飴いりますか?」
せかねこ「すみません、梅が苦手で」
古森くん「そうですか」
古森くん「せかねこさん、梅の飴いりますか?」
せかねこ「あれ、昨日梅がダメだって言いませんでしたっけ?」
古森くん「それ昨日の話ですよね? 今日は?」
せかねこ「……」

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす