表現の自由と名誉毀損[固定版面]

個数:1
紙書籍版価格 ¥7,344
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

表現の自由と名誉毀損[固定版面]

  • 著者名:松井茂記
  • 価格 ¥7,344(本体¥6,800)
  • 有斐閣(2017/12発売)
  • 梅雨空に負けるな!Kinoppy 電子書籍/電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~6/28)
  • ポイント 1,700pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

著者は一貫して,民主政において表現の自由を保護することの重要性を訴えてきた。本書は,アメリカの憲法的名誉毀損法の展開を踏まえつつ,従来の日本の名誉毀損法を憲法的に再検討する必要性を論証したものであり,著者の主張の集大成である。
近年増加しつつある名誉毀損訴訟に関わる法律実務家に理論的基礎を提供するほか、後半の第12章ではインターネット上の名誉毀損、第13章ではSLAPPを取り上げて現代の課題に応える。

※この商品は冊子版の版面そのままの電子書籍です。レイアウトを変更することはできませんので,大きなディスプレイを備えた端末でのご利用をおすすめします。

目次

はじめに
第1章 日本の名誉毀損法の枠組み
第2章 アメリカにおける憲法的名誉毀損法の展開(1)─伝統的名誉毀損法
第3章 アメリカにおける憲法的名誉毀損法の展開(2)─New York Times v. Sullivan
第4章 アメリカにおける憲法的名誉毀損法の展開(3)─New York Times判決以降
第5章 アメリカにおける憲法的名誉毀損法の展開(4)─憲法的名誉毀損法の現在
第6章 アメリカにおける憲法的名誉毀損法の展開(5)─憲法的名誉毀損法と学説
第7章 アメリカの憲法的名誉毀損法の再検討
第8章 名誉毀損と表現の自由を考え直す
第9章 名誉毀損と差止め
第10章 変容する名誉毀損法と表現の自由
第11章 意見による名誉毀損と表現の自由
第12章 インターネット上の名誉毀損と表現の自由
第13章 公的参加を妨げるための戦略的訴訟(SLAPP)と表現の自由
結びに代えて