平凡社新書<br> 風の名前 風の四季

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy

平凡社新書
風の名前 風の四季


ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

風韻、風雅、風情、風土、風流…。古来、広く歌や詩、俳句、小説、民謡などにさまざまな形で取り入れられ、ひとつの文化を形づくってきた「風」。自然にとどまらず、その意味は、生きかたや芸の極意など幅広い。そんな風に魅せられた自称「風来坊」&「風の狩人」がつむぎだす、四季折々の風をめぐる日本文学散歩。記紀・万葉から現代小説まで、果てしなく広く深い「風」の世界へようこそ。

目次

1 四季の風(春の風
夏の風
秋の風
冬の風)
2 いろいろな風(あさかぜ
おいかぜ
かぜだより
かぜのいろいろ ほか)