ノウハウ・マネジャーの教科書

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,598
  • Kinoppy

ノウハウ・マネジャーの教科書


ファイル: /

内容説明

▼「ノウハウ・マネジャー」とは何者か
インテル社元CEOの故アンドリュー・S・グローブ氏が新たなミドルマネジメントとして注目していたのが「ノウハウ・マネジャー」。
専門性を持って働く人たちは、現場で仕事の知識やスキル、働き方を周囲に示していく立場です。
だからこそ、上司-部下という関係にかかわらず、周囲に影響を与える重要な存在。
上司を動かして仕事をかたちにしていくことが求められます。

▼現場リーダーのノウハウが「会社の空気」を変える!
仕事の“ノウハウは会社の大切な知的資産。
これを現場が吸収・共有できるかどうかで、仕事や会社のクオリティは決まります。
しかし、ドキュメントやデータに文字化した時点でノウハウは死んでしまいます。
ノウハウは、経験知として人に蓄積されるもの。
人から人へと伝達されることでコミュニケーションは生まれ、生産性を高める組織文化は育まれるのです。

▼仕事の“本質を知れば会社に依存せず働ける
社内のみにしか通用しないノウハウで働いていませんか?
会社に依存した働き方では、仕事はスケールせず、やりがいも未来も見いだせません。
仕事の進め方にも様々なノウハウがあり、効率性も先の仕事も大きく変わります。

▼リーダーシップ、マネジメント、フォロワーシップ。使い分けられますか?
マネジメント一辺倒では、人はついてきません。
リーダーシップばかりでは、運営の進行を管理できません。
フォロワーシップがなければ、人を動かすことはできません。

この3つの役割をきちんと使い分けられてこそ、
現場はまとまり、仕事はかたちになり、未来を創ることができます。

ビジネスの科学を学べば、成果は必然に、仕事は生きがいに変わります。
本書は、そんな働き方の新しい指針を示す教科書です。