扶桑社BOOKS<br> 報道特注(本)

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

扶桑社BOOKS
報道特注(本)

  • 著者名:生田與克/和田政宗/足立康史
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 扶桑社(2017/11発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594078461

ファイル: /

内容説明

YouTube視聴2000万回(累計)の超人気番組、初の紙上激論!

都知事を訴えた男! 生田よしかつ(築地まぐろ仲卸三代目) 極左と闘う元NHKアナ! 和田政宗(参議院議員) アホばかで国会懲罰最多記録保持者! 足立康史(衆議院議員)

北朝鮮ミサイル、森友・加計問題、左翼との激闘、偏向報道、憲法改正…カメラの外で言いたい放題! 炎上必至のトークをノーカットで収録!

【内容】
♯1 北朝鮮ミサイル問題――日本人が勘違いしている日米同盟の真実
♯2 加計学園問題の真相――マスメディアが報道しない2つのこと
♯3 サヨクとは徹底的に闘う
♯4 橋下徹と小池百合子はここが違う!
♯5 止まらない偏向報道には放送法改正しかない!
♯6 憲法調査会欧州珍道中――歩く共産党に英国議員もビックリ!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きあら

15
元々マスコミは録でもなかったが、あるキーワードが出たここ数年の報道は狂っているを通り越して滑稽ですらある。特にテレビの報道は、株と為替くらいしか正しいことを報道していないのではないだろうか。憂さ晴らしで読んだけど、「デュヴェルジェの法則」のくだりは勉強になった。2020/08/19

ゆきこ

13
いつもYouTubeで拝見している「報道特注」の書籍版です。内容はいつもの動画と重複している部分が多いですが、それでもやはりお三方の掛け合いがおもしろく、始終楽しく読ませていただきました。もちろん大変良い勉強にもなりました。そして何より「報道特注」運営費に少しでも貢献できたことがうれしいです。2017/12/02

Lila Eule

8
政治が信用できそうな気になってくる人達だった。動画の復習をしたような内容だが、こうした発信がでてきたこと自体、信用できない報道から逃げようがない閉塞状況ではなくなりつつあるのかも。日本人が政治報道の難民ではなくなる日も来るのでは。政治、行政、そしてメディアなどの役割の大きい公的仕事から、偽善者、既得権益寄生者を淘汰するには、反面、裏面、正面などからのあらゆる事実が掴める情報環境が重要らしい。同じ流れの一斉報道は、信用できない兆候で、それをあばけるネットにより既得権益メディアの堕落を矯正できるかもしれない。2017/12/05

やす

8
YouTubeで本編を見ている人は読まなくてもいいかもだが文字起こしになってるから動画を見ながら読むといいかも。モリカケ問題がよくわからんという人は2、3章を読むとある程度スッキリするかも。庶民目線で疑問をぶつける魚屋生田氏、3人の中では寡黙だが理路整然と解説する和田議員、終止マシンガントークの暴走者足立議員、とバランスがとれていてあっという間に読み終わる。2017/11/17

スウィーニー校長

5
★★★★☆ 書籍化の為、カメラ無しで新たに収録したそうです。 動画に無い話題があり、補足説明もあるので、動画を見ている方でも楽しめると思います。 面白かったのは辻元清美の章ですね。 福島瑞穂、有田芳生は小物。辻元は悪の天才。 人前では人当たり良いが、いないと睨んでくるそうです(足立氏談) 高槻市(日本赤軍の巣窟?)の人たらしだ・・・2018/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12362929

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。