集英社オレンジ文庫<br> 家政婦ですがなにか? 蔵元・和泉家のお手伝い日誌

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

集英社オレンジ文庫
家政婦ですがなにか? 蔵元・和泉家のお手伝い日誌

  • ISBN:9784086801454

ファイル: /

内容説明

短大卒業後、母の遺言で蔵元・和泉家の家政婦として働くことになったみやび。それには、父を捜す目的もあった。天涯孤独となったみやびは、父を知らない。母の形見である<鳳>の一升瓶が、父を知る唯一の手がかり。そして、<鳳>の蔵元は和泉酒造であり、母もかつて和泉家で働いていたのだ――。初出勤の日、みやびを迎えたのは、クセモノばかりの四兄弟で…?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
短大卒業後、母の遺言で彼女がかつて働いていた蔵元・和泉家で家政婦として働くことになったみやび。そこで泉家の四兄弟やその母と関わってゆく物語。クールで切実にお金を稼ぎたい事情を抱えるみやびが、和泉家で働きたいもう一つの目的。蔵元ネタ自体はほどほどでしたが、母君にコスプレじみたメイド姿にさせられたり、四兄弟に難癖をつけられたり、彼女役を依頼されたりと、忙しい日々の中でいろいろな出来事に遭遇しながら少しずつ和泉家に馴染んでいく展開はなかなか悪くなかったです。今後が気になる終わり方だったので、続刊期待しています。2017/09/05

はなりん

12
母の遺言で、母の勤めていた蔵元の家に家政婦として住み込むことになった「みやび」。天涯孤独となったみやびが個性豊かな4人の令息達との生活で、自分の居場所を見つけていく。次男とのフラグ?のようなニヤニヤできるやり取りが楽しいので是非続編希望!2019/03/03

なな

11
気分的に軽いものが読みたいと思い手に取りました。四兄弟が全員イケメンで徐々に打ち解けていくという、お決まりの展開でしたが、そういうストーリーを望んでいたので、さくさく読めました。一つの謎は解けましたが、みやびのその後が気になるので、続編希望します。2018/08/14

ソルト

10
坂本みやびは短大卒業後荷物を詰めたバックパックを背負い、〈鳳〉という銘柄の空の一升瓶を手にその蔵元である和泉屋へと向かう。空の一升瓶は亡き母の唯一の形見であり、彼女は母と同じくここで花嫁修業も兼ねお手伝いとして働くよう言われていた。和泉家は蔵元の長男彰人、大学生の次男屁理屈男遼介、チャラめな高校生の直哉、裏表ある悪ガキの四男劫の四人兄弟がいる。試用期間ということで働き始めたみやびだが、味噌汁が口に合わないと遼介に言われてしまい…。さくさくっと読めたけれどあっさりしていて少し物足りなかった。続編ないのかな?2020/07/31

紅羽

10
唯一の家族である母親を二年前に亡くし、天涯孤独となった主人公。母の遺言通り母が家政婦をしていた蔵元の和泉家へ行く事に…。そこには中々手強い四人の男の子たちがいて、しかも明らかに歓迎していない者もいて…。頑張り屋な主人公と兄弟たちとの衝突や実父の秘密や、あるのかないのか恋の芽生等、まだ気になるところもあるので続編があればいいのですが…。 2020/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12169002

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。