山と溪谷社<br> ヤマケイ新書 日本人ときのこ

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

山と溪谷社
ヤマケイ新書 日本人ときのこ

  • 著者名:岡村稔久
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 山と溪谷社(2017/10発売)
  • 初夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~5/31)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本人ときのこの関わりがよくわかる、日本人ときのこにまつわる興味深い話が満載の、類を見ない貴重本。

古来から日本人がきのこに親しんできた歴史を、過去の説話、日記などから探る。

1章 奈良時代ー中国文化の影響/秋の香/きのこの呼び名など
2章 平安時代ーヒラタケ騒動/毒殺を図る/踊る尼さんなど
3章 鎌倉時代ー特別なきのこ/天皇もマツタケ山へ/女性のきのこ狩りなど
4章 室町時代ーきのこの狂言/天皇に献上されたきのこなど
5章 安土桃山ー秀吉のためにマツタケを植えるなど
6章 江戸時代ーマツタケ市が立つ/さまざまな献立/菌類図譜が出るまでなど

※本書以外に、日本人のきのこ文化の歴史を扱った資料はなく、貴重な一冊。