講談社学術文庫<br> 宗教改革三大文書 付「九五箇条の提題」

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

講談社学術文庫
宗教改革三大文書 付「九五箇条の提題」


ファイル: /

内容説明

マルティン・ルター(1483-1546年)は今から500年前、宗教改革を始動させた。本書は、1517年に公表された「95箇条の提題」に加え、その3年後に相次いで発表された「宗教改革三大文書」と称される『キリスト教界の改善について』、『教会のバビロン捕囚について』、『キリスト者の自由について』をすべて収める。その大部分が初の文庫版となる重要著作を第一人者が翻訳した画期的新訳!

目次

訳者序文
贖宥の効力を明らかにするための討論〔九五箇条の提題〕
キリスト教界の改善について──ドイツのキリスト教徒貴族に宛てて
教会のバビロン捕囚について──マルティン・ルターによる序
キリスト者の自由について
訳者解説
訳者あとがき