ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader

ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖

  • 著者名:ツレヅレハナコ
  • 価格 ¥1,400(本体¥1,273)
  • PHP研究所(2017/09発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784569835631

ファイル: /

内容説明

ツイッターやインスタで大人気! 酒と美味しいものをこよなく愛する著者が、じつは長年、偏愛し続けてきたのが「薬味」。ツレヅレハナコ流の薬味の楽しみ方は、(1)脇役でなく主役級にバサッと使う! (2)和食にディル、洋食にみょうがなどボーダレスに楽しむ! というもの。著者が毎週のように作っているド定番のつまみ、旅先で感激した味を再現したつまみ、酒がススむごはんものなど、いずれも簡単に作れて美味しいレシピばかり。しそ、ねぎ、みょうがなど日本のものから、ディル、ミント、パクチーなど異国のものまで、東西の薬味を効かせた絶品つまみが95品! 薬味は好きだけど、「お値段が割高」「シャレた料理すぎる」「使いきれずに余る」――そんなネガティブイメージを持つ方にも、ぜひ試していただきたい。新しい薬味の世界が広がる一冊。新久千映(『ワカコ酒』作者)も熱烈推薦! 「酒に合うに決まっておる。どれから作ってやろうかのう」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よこたん

41
“薬味は飾りではなく、主素材のひとつとして思い切りよく使うのがコツです。” 香り、味、口当たり共に個性的な野菜として捉えるべきものなのかも。大事にちまちま使っていて最終的に傷んでいるのを発見して、悲しみにくれることがざらである。特にショウガは、色々ワザを試しても干からびたりカビたり。美味しいうちに食べきらないとね。本に触発されて、ミョウガと三つ葉をどーんと買ってきて思う存分使ってみたら気分もスッキリ。和の薬味は好きだけど、パクチーやミントは、ごめんなさい。何にでも刻み青ねぎドサリ一辺倒から脱却できるかな。2018/08/09

リコリス

29
バジル納豆、ミントのカルパッチョ、焼きなすのミントヨーグルト…薬味は大好きだけどこれほどまで冒険したことはないかも(笑)作ってみたいのはせん切りレタスとみょうがのサラダ、栃尾揚げのみそチーズみょうが焼き、ささみの青のりにんにくバター、チーズちくわのディル磯辺揚げ。来年はディルを植えてみよう。2021/07/29

たまきら

27
ハーブや薬味が大好きだけど、最近マンネリかなあ…なんて思っている人には楽しい一冊です。洗面器ハーブに笑ってしまった。むか~しカリフォルニアのベトナムコミュニティで麵を頼んだら、山盛りのハーブが金属製の洗面器に入ってテーブルの真ん中に置かれたなあ…と。荒地でもぐいぐい育つハーブを植えよう!2021/04/13

ゆずぽん

19
香りの強い野菜が大好きな私には涎もののレシピ本。 ご飯、お酒のお供がたくさん、さっそくサーモンのパセリタルタル作ろう2017/06/06

シルク

17
「美味しいんだから、どちゃっと使ったらええやないの」って感じが、良い。この人の料理には、そういう潔さがあるのう、と思っている。男前だ(´Д`) 薬味大好きなわたくしにとって、ベトナムって天国に近い土地だった。揚げ物の店に入っても、埃だらけの道端のフォー屋さんにしゃがみこんでも、ざるにモリッと盛った、ハーブを渡してくれるのだもの! 毎日お昼に食べていた思い出の、炭で焼いた豚肉添えたソウメンみたいなのがこの本にも出ていて、しばしうっとし。このつけ汁、キュウッと酸っぱくて、それがまた美味いんや~……v と。2018/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11929088

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。