扶桑社BOOKS新書<br> 魂は、あるか?~「死ぬこと」についての考察~

個数:1
紙書籍版価格 ¥918
  • Kinoppy
  • Reader

扶桑社BOOKS新書
魂は、あるか?~「死ぬこと」についての考察~

  • 著者名:渡部昇一
  • 価格 ¥918(本体¥850)
  • 扶桑社(2017/09発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

『死ぬことは、何の心配もない』と旅立たれた、渡部先生最後の教え!
なぜ渡部先生は、取り乱すことなく見事な最期を迎えることができたのか?知の巨人が到達した「死」についての究極の答えがここにある!穏やかな終幕へと導く救いの書!

「死ぬこと」とは、どういうことか。 知の巨人が到達した究極の答えとは?
息子・渡部玄一氏の「まえがき」より
~死の床にあって父は「自分ほど幸せな者はいない」と言い切りました。そして出会う人すべてに感謝の気持ちを表し、死の直前まで取り乱すことはありませんでした。それはある確信を持った者にしかあり得ない、見事な最期であったと思います。<中略>私は父の、そしてこの本のおかげで、もし将来私の息子が「死」について悩んでいたら確信を持ってこう言うでしょう。「お前、それは何の心配もないぞ」と。それが父の残してくれた、大切な遺産です。~

※本書は2012年3月、海竜社より刊行された『人は老いて死に、肉体は滅びても、魂は存在するのか?』を大幅に改訂したものです。