扶桑社BOOKS新書<br> 韓国人による末韓論

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

扶桑社BOOKS新書
韓国人による末韓論

  • 著者名:シンシアリー
  • 価格 ¥820(本体¥760)
  • 扶桑社(2017/09発売)
  • 勤労感謝の日 Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~11/26)
  • ポイント 175pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「慰安婦合意」どころではなく、次は「日韓基本条約」の破棄だ!
話題騒然! 累計50万部を突破したシリーズ待望の最新刊は、《文在寅政権の堕落と暴走「前夜」》《文大統領が抱える弱点》《北朝鮮の術中にハマった韓国》など、傲慢国家の知られざる最新動向を網羅!
――かくもひどい外交の末路は「断交」か?

【国家の責任を放棄し、「偽善者」のふりすらやめる「自死国家」!】
・韓国の「国是」は「私たちの権利を奪った敵を、思いっきり憎め」・北朝鮮のスパイが暴露した「反日思想」の扇動指令・韓国のメディアが発信した「日本の領土を征服しよう。日本を屈服させよう」・百万円以下の借金を帳消し、携帯電話の基本料金をなくす……謎の「国民迎合政策」・文在寅政権が味方につける「さらに左」にある勢力「正義党」・「ダダコネ法」で「脅迫」「要求」を乱発する慰安婦関連団体「挺対協」・投機にハマり、違法行為も平気でやる韓国民は「損得勘定」至上主義