ブランドのそだてかた ブランディングに成功した企業が明かす21のしくみ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ブランドのそだてかた ブランディングに成功した企業が明かす21のしくみ

  • 著者名:中川淳【著】/西澤明洋【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 日経BP(2017/08発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 420pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784822264819

ファイル: /

内容説明

大企業じゃなくても、ブランディングはできる!そだてられる!

経営資源としてのブランドをいかに作り、そだてていくか──。
企業のブランディングで数々の成功を収めている若き経営者とデザイナーのコンビが、きらりと光るブランドを持つ企業を訪ね、6人の経営者に体当たりインタビュー。ブランドの立ち上げから成功まで、強さの秘密を解き明かします。

■気鋭の若手経営者&デザイナーが、あのブランドに 体当たりインタビュー!
 ・DEAN&DELUCA
 ・MARKS&WEB
 ・スノーピーク
 ・トーヨーキッチン&リビング
 ・ドラフト
 ・六花亭製菓

■ブランドを育てる21のしくみ
 ブランドを育てるために経営者が何を考え、どう行動してきたか。マーケティングから商品開発、デザイン、人材育成まで、インタビューで見えてきた共通項から、成功するブランドづくりの秘密を分析。

■対談 ブランドのそだてかた
 中川 淳 × 西澤明洋
 すべてのインタビューを終えた二人が、改めて俯瞰的な視野でブランドのそだてるしくみを分析、考察していきます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆき

4
ブランドのとらえ方は、それぞれの違いはあるものの、モノを作っている会社での進め方。信念や軸が大切なのだと改めて感じた。2015/09/27

zozomu

2
経営者のデザインリテラシーとデザイナーの経営リテラシー/本当の意味で差別化することを考える(コモディティ化した時流的な「独自性」は差別化のポイントにならない) 2019/12/20

Nao Shimoguchiya

2
各会社の理念や方向性などの個性を感じた本です。六花亭は地元というのもあり、面白かった。2013/09/03

doji

1
ブランドのはじめかたに続いて、そだてかたの話になると結果としてそれはいかにひとを集めて組織でブランドをつくっていくのか、というのとになる。はじめからは外部の視点からつくることだろうという指摘に対して、本質は内側にあるということを真摯に提示している本だと思う。うらやましいような会社ばかり。2019/09/02

ぽー

1
自分の会社の社長に読ませたい。伸びている企業には理由がある。ブランド構築は生半可な覚悟では難しい。入ってみないと会社なんてどんなものかわからないが、少なくとも登場する会社は従業員が誇りを持って働いていると思う。 自分もそうなりたい。2017/11/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5514203

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。