新 手帳で楽しむスケッチイラスト

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy

新 手帳で楽しむスケッチイラスト

  • ISBN:9784844365921

ファイル: /

内容説明

【達人の手帳を大公開! イラスト・写真・スタンプ・付箋・シールを使った18人の手帳活用術】

日々のスケジュール管理をスマホアプリなどのデジタルで処理している人をよく目にする一方、日々の生活の記録には手帳が手放せないという人も多く、手帳愛好家が増えています。手描きイラストやスタンプ、付箋などを用い、自分なりの取り決めで楽しく日々を記録する、そんな手帳ライフを満喫している愛好家たち。つけた記録を自分で見返して楽しむのはもちろんですが、最近は、他人の手帳使いを参考にするために、SNSなどで手帳を公開して、同じ趣味を持つ者同士で交流することが、手帳ライフの新しい醍醐味になっているようです。

この本は『手帳で楽しむスケッチイラスト』の第2弾です。手帳を公開している達人は18名(前回登場した達人とは異なります)。彼らの手帳術のコツや裏話を聞けるのはもちろん、手帳ライフを楽しめるアイデアが満載! さらに40の項目を読み進めることで、自分の手帳術をスキルアップできる「手帳スケッチすごろく」や、前回登場した達人たちの「今使っている道具」の紹介、手帳に欠かせない相棒探しのヒントとなる「達人おすすめの道具」の紹介などなど、盛りだくさんでお届けいたします。

〈主な内容〉
【1章】01 シノダ部長(篠田直樹)/02 酒井麻衣(ぴょこ)/03 kuroneko /04 maki /05 横田紗希(カンミ堂)/06 エハガキ華 /07 サトウナオミ /08 大橋 忍(切り絵作家)/09 山本かおり(レトロ印刷)/10 本多絵美子(木彫家)/11 4design(菊池杏子&西村仁志)/12 なかむら真朱/13 山中玲奈/14 INEMOUSE/15 tamioo/16 宇田川一美/17 萩原まお /18 吉森信哉

【2章】手帳作りがもっと楽しくなる♪ Yuzukoのアイデア帖 

【3章】手帳スケッチすごろく 目指せ!手帳スケッチの達人 

【4章】達人だってルールや道具も変わります 01 たかしまてつを/02 Yuzuko/03 渡辺貴治/04 安居智博/05 庄司美香/06 ハヤテノコウジ/07 森井ユカ/08 ヨシムラマリ/09 佐藤明日香/10 Chai/11 奈央キミコ/12 げん

【5章】手帳好きがおすすめする手帳と道具

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

440
手帳のプロとも言える18人の手帳活用術。わたし自身は現在、スケジュール帳とダイエット手帳の二刀流。ダイエット手帳の方、イラストやマステやスタンプや…といろいろ鳴り物入りで始めたはいいが、最近停滞気味(早い話が飽きてきた)なこともあって手に取ってみた。うーむ、みなさん凄すぎて同じ土俵に立っちゃいけない…とかえってしんみりしてしまう。ヒトはヒト、地道にできることだけやっていこう。2021/10/22

ひめありす@灯れ松明の火

41
ほぼ日手帳を使っているのだけれど、blancになってしまうページが殆どで、何か参考になるものをと思って借りてきました。皆さん絵が上手過ぎて参考に……なりませんでした。そうだこの本は手帳を楽しむんじゃなくて。スケッチを手帳で楽しむの本だったのでした。確かめない自分が悪い。ヘタウマと称される人もいるけれど、線に味があって面白いですし。やっぱり私は写真の方がいいのかなーとも思うのですが、デジタルにはできない面白さも追求したいと思ってしまうので。あまり深く構えず描いてみたいと思います。嫌なら貼ってもいいでしょうし2017/10/31

サク

20
人の手帳を見るのって楽しいですよね。 2021/10/22

野の花

7
人の手帳を見るのは楽しい。アイデアもたくさん頂きました。2019/05/15

たけとり

3
図書館本。「新」があるからレイアウトなどがリニューアルされているのかな?と思ったら、手帳を紹介している人が前の本と変わっていて、なおかつ前の本の人の1年後の愛用している手帳や文房具が紹介されているという…。「2」で良かったのではw 2016年の本だけど、紹介されている手帳の使い方は今でも使えると思う。しかし喫茶店で手帳タイムだなんて、すっかり出来ないご時世になりましたねぇ…。2022/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11037715

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。