招き猫文庫<br> 江戸ねこ捜査網

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

招き猫文庫
江戸ねこ捜査網

  • ISBN:9784592831358

ファイル: /

内容説明

化け猫騒動で知られる鍋島藩の末裔、今は江戸で暮らす鍋島通茂は25歳だが総白髪、人嫌いの変わり者で知られる。しかし彼には猫の言葉を解する能力があり、「猫のため」様々な難事件に立ち向かう!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちょん

30
大分前に姉川書店さんで購入していた本!さすが姉川書店さん、と思えるくらい「ねこ命」なお話(笑)何はともあれ猫第一な主人公に共感しまくりながら読みました(笑)私も端から見たらこの主人公と同じようなことしてるんだろうなぁ(^-^)2018/07/09

ネムコ

29
なんとも「招き猫文庫」にふさわしい一冊。化け猫騒動で有名な鍋島の藩主の息子(継承権なし)の通茂が猫のために一肌脱ぐ痛快時代劇。ありがちではあるけれど、猫があまり人間っぽくなく、ちゃんと猫らしい考え方をするところが良い。長老で賢い白黒の月影、大柄で親分肌の茶トラの紅蓮、皆のまとめ役、錆猫の牡丹。主人公・通茂の屋敷の頭猫、三匹がちゃんと表紙に勢ぞろい。地位が高ければ、お金に困らなければ幸せかというとそうでもない。適当に人情もの、適当に探偵小説、そしてがっつり猫小説。面白かったです。2016/06/14

風花

13
とある事件をきっかけに猫と会話ができるようになった鍋島通茂は、かの化け猫騒動で有名な鍋島家の末裔。その力のおかげで巷の猫たちから頼りにされ、猫助けに乗り出すことに。可愛い猫たちはもちろん相棒の新右衛門とのやり取りも楽しく、さくっと読めて面白かったです。2017/03/12

11
面白かった。殺されかけて真っ白になっ髪、そして猫神様から授けられた不思議な力(猫と会話ができる)もともと猫好きな主人公。猫馬鹿具合がなかなか良いです(笑) 隠居生活でダラダラ猫と過ごす日々の中、猫の為には、何処にでも出掛けるお侍さん。ただ一人の家臣と下働きのご夫婦と孫娘さん、お公家出のお祖母様 あとは猫たち、あたたかくて優しくて読後もほっこりでした。2021/12/28

*ニコル*

6
ねこ馬鹿の書きっぷりが面白かったです。2016/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10783643

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。