集英社オレンジ文庫<br> そして、アリスはいなくなった

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社オレンジ文庫
そして、アリスはいなくなった

  • 著者名:ひずき優【著】/佐原ミズ【イラストレーター】
  • 価格 ¥561(本体¥510)
  • 集英社(2017/07発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784086801331

ファイル: /

内容説明

新聞部の響子は、IT教室のパソコンに隠されていた、伝説のネットアイドル・アリスの未発表動画を見つける。ある目的のため、文化祭で彼女の正体を暴くべく取材を進める中、4人の同級生――文化祭実行委員の歩、アリスだと噂されたことのあるみのり、歩の彼女・梨緒、歩相手に暴力沙汰を起こした弾――の複雑な関係と、アリスへの関わりに気づく響子だが…?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

坂城 弥生

47
青春もの。ちょっと普通から外れた環境の高校生が集まってネットアイドルを作り上げ、壊され、再生していく物語。2021/03/05

ぐっち

16
ネットアイドルの正体は誰?…という謎は比較的すぐにわかって、それにかかわる高校生たちの事情。ドロドロするかと思ったけど、意外とスッキリ終わってよかった。2017/07/01

ハナ

11
突然引退した伝説のネットアイドル・アリスの未発表の動画が学校のパソコンで見つかった。その正体を探るべく新聞部の響子が、当時本人だと噂された人物に接触しようとするが...。なぜアリスは消えなければいけなかったのか。謎と高校生4人の葛藤を描いた青春もの。相手を思うが故のすれ違いや危ないと分かっていてもやり遂げたいという思い、それぞれの思いが分かるだけに切ない。ちょっとほろ苦いけれど、それぞれが前を向いて歩きだすラストは不思議とすがすがしいものだった。まさに青春の1ページという感じの話。2017/07/25

punto

9
忙しかったので、高速で読みました。ネットアイドルの正体は初めから分かった。みのりがかなり追いつめられていて、読んでいて辛かったですが、最後はハッピーエンドで良かったです。2019/11/23

とし

7
面白いけど、1回崩壊した関係性がこんなにうまく改善(いや、昇華なのかな)するのかな。事件がおこって突然解決した感じで、置いて行かれた感じがしました。2017/10/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11812283

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。