幻冬舎単行本<br> 臨終医のないしょ話

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,188
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

幻冬舎単行本
臨終医のないしょ話

  • 著者名:志賀貢【著】
  • 価格 ¥950(本体¥880)
  • 特価 ¥570(本体¥528)
  • 幻冬舎(2017/07発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

“幸せに死ねるのは「在宅」か?「病院」か?”
数千人を看取った医師がこっそり教える、
幸せな最期を迎えるためのとっておきの方法。

◎「死」が近づくと人はどうなるのか。
◎「孤独死」を防ぐ最善の方法とは。
◎体を守る「三種の神器」を今すぐ揃えよ。
◎なぜ「夜」に容態が変わりやすいのか。
数千人の患者を看取った医師が、臨終間際の患者たちに起こった奇跡、不思議な現象を語ります。
また50年の臨床経験から導き出した、心穏やかに臨終を迎える方法を教えます。
<『臨終医のないしょ話』目次>
第一章 臨終から患者を救った奇跡の言葉
第二章 臨終が近い人に表れる「お迎え現象」
第三章 臨終を決定づける体の赤信号
第四章 孤独死から身を守るとっておきの方法
第五章 在宅か病院か? 幸せな臨終の選択
第六章 臨終における緩和ケアの役目