GA文庫<br> 元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
元勇者、印税生活はじめました。~担当編集はかつての宿敵~

  • ISBN:9784797391794

ファイル: /

内容説明

異世界の危機をその手で救った少年、刃桐創一。
勇者の使命を終え、現代日本に帰った彼が最初にやったこととは

――異世界での冒険をそのままライトノベルに書いちゃった!

実体験ならではのリアリティが絶賛され、即デビュー&人気作家の仲間入り。
だが貴重な経験ストックをわずか三巻分で使い尽くし……

「うおおお、続きが書けねえーっ!!」
迫る納期! 重すぎるファンの期待!
さらに担当編集は――

「お前、倒したはずの破壊神だろ!?」
ネタを破壊しまくるかつての宿敵登場で、どうなる俺の印税生活!?

異世界帰りの勇者さま、ラノベ書いたら大ヒット!
最強だけど締め切りには完敗。
元勇者の実録切り売りストーリー! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スズ

41
異世界召喚され激闘の末破壊神を倒し、元の世界に帰還した後異世界での冒険をラノベにして作家デビューした少年創一が、担当編集として現れた異世界で倒した筈の破壊神リリィと最高の物語を作り上げていく物語。破壊神撃破後に帰還した為その後の物語が全く思い浮かばず読者受けを狙った展開にしようかと悩む創一、彼の大ファンであるが己の望む展開を押し付けて作品を私物化する事は絶対ダメだと己を律しながらかつての仇敵に自分の書きたい物語を紡ぐよう助言するリリィの二人の関係が良く、無自覚な創一の言葉に毎回真っ赤になる破壊神可愛いです2020/02/01

ナカショー

18
異世界帰りの勇者が実体験をもとに書いたラノベが大ヒット。だが、ストックが切れてしまい絶賛スランプ中な主人公のもとに、新たにやってきた担当編集者はかつて異世界で倒した魔王で・・・な話。面白かったです。勇者と魔王が手を組み本を仕上げるという展開が面白かったです。果たして、主人公は打ち切りや、締め切りに打ち勝ち無事アニメ化できるのか楽しみです。2017/06/14

真白優樹

14
異世界を救った後、ラノベ作家としてデビューした少年が、元破壊神な担当編集に出会い始まる物語。―――創造よ、過去の現実を越えていけ。かつて自らが持っていたのは破壊のみ、だけど今は守りたいものが出来たから。そんな当たり前、だけど大切なことを手にした少女の爽やかさと、元勇者の少年の燻る熱さが絡み合うこの物語は、物語というものに対しての情熱が迸っており、それぞれ譲れぬものを持つ二人の譲れぬものへの情熱が絡み合い壁を越え、想像にして創造が過去の記憶を越える、燃え盛るような熱さも魅力的である。 次巻も楽しみである。2017/06/15

ラノベの王女様

14
異世界を救った実体験でラノベ作家デビューした元勇者の少年が、担当編集で美少女な元破壊神と出会い始まる物語。―――かつては命を懸けて。今では誇りを懸けて。擦り切れる程愛読した作品を、絶望から立ち直らせてくれた作品を壊したくない。だからこそ、破壊神は少年と激突する。新たに見つけた世界を守るために。感情を包み隠さず、どこまでも素直な少女が吹かせる爽やかな風は、本作の雰囲気をとても微笑ましい物にしているわね。無事に作品を完成させた創一は、またもや迫りくる締め切りに打ち勝てるのか。二重の意味で次巻が楽しみだわ。2017/06/14

水無月冬弥

13
霜野おつかい先生(@otukai)の #ラノベ 最近多くなってきた異世界から帰ってきた勇者の物語、よく考えると前々作もそんな感じだった気が。そこでラノベ作家ものを合わせるのは新しいけど、作家ものというより、キャラのやりとりが楽しい物語でした。創作と言うよりドキュメント作者ですしね2017/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11858201

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。