祥伝社文庫<br> パレートの誤算

個数:1
紙書籍版価格 ¥803
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社文庫
パレートの誤算

  • 著者名:柚月裕子
  • 価格 ¥803(本体¥730)
  • 祥伝社(2017/06発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784396343002

ファイル: /

内容説明

ベテランケースワーカーの山川が殺された。新人職員の牧野聡美は彼のあとを継ぎ、生活保護受給世帯を訪問し支援を行うことに。仕事熱心で人望も厚い山川だったが、訪問先のアパートが燃え、焼け跡から撲殺死体で発見されていた。聡美は、受給者を訪ねるうちに山川がヤクザと不適切な関係を持っていた可能性に気付くが……生活保護の闇に迫る、渾身の社会派ミステリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

354
なるほど、ここから『孤狼の血』へと繋がったわけね。他の作品ほどの読み応えはなかったかなぁ。途中でカラクリがわかってしまったことも残念。ただし生活保護周辺の事情は、読んでてとても現実感があった。無理にミステリーにせんでも、、、と思ったが、それじゃ柚月さんじゃなくなっちゃうものね。2018/01/20

のり

206
生活保護受給世帯を訪問していた「山川」が殺された。人望も厚く、仕事に対して妥協しない姿勢。後を引き継いだ「聡美」と「小野寺」は山川の死の真相と不正受給者を調査する。そんな中、山川に不信な点が…貧困ビジネスでヤクザの影。聡美にも身の危険が迫る。行政の在り方、人との繋がり、複雑に絡み合った現代社会の歪みが画かれている。2019/04/21

キムトモ

165
生保不受給ネタ話。佐方貞人検事シリーズや日岡秀一刑事シリーズに比べ粗筋が想像できてインパクトに欠けるなぁ〜〜が感想🤔今作でも暴力団関係者が登場するが筆者にとって使い回しの良い人種なんだろうか…筆者は男子を主役にした物の方が面白いのでは⁉︎と思ってしまいました…(ノ-_-)ノ~┻━┻佐方シリーズや日岡シリーズの新刊が出たら即購入だなぁ〜〜2020/05/28

KAZOO

157
ある地方都市を舞台に市役所の福祉関連の部署に勤める若い男女が主人公のような感じで話がすすみます。生活保護をめぐる暴力団がらみの貧困ビジネスでの殺人事件がきっかけとなって事件に巻き込まれています。生活保護の実態を比較的よく調べておられる気がしました。この分野でいつも事件が起きるたびに市役所は悪者にされるが人員の少なさなどがあると書いていてそのようなこともあるのかと感じました。2018/05/28

Mami Endo【GLAYとB'zが大好き】

154
◇柚月裕子さんには初挑戦。しかしながら、非常に読みやすい。早く『ウツボカズラの甘い息』を読みたい。◇津川市役所にある社会福祉課(社会福祉事務所)に勤務するケースワーカーである山川亨は殺害された。勤勉な山川亨の身辺を後任である牧野聡美と小野寺淳一は独自に捜査する。牧野聡美の幼馴染である金田良太はこの一件を牽制した直後、殺害された。実はとある暴力団は貧困ビジネスの為に不正受給を牧野聡美の身近な人物に命令した。案の定、牧野聡美は拉致監禁され絶体絶命。◇余談だけど若林永一郎はカッコいい。最後は見直した。2019/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11746749

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。