実験国家 アメリカの履歴書 第2版

個数:1
紙書籍版価格
¥2,750
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

実験国家 アメリカの履歴書 第2版

  • 著者名:鈴木透
  • 価格 ¥2,750(本体¥2,500)
  • 慶應義塾大学出版会(2017/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 750pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784766423907

ファイル: /

内容説明

▼植民地時代から21世紀まで、アメリカの歴史を多面的な視点から解き明かす。
▼ブッシュ~オバマ政権時代を検証する章を加筆した、新しい視点のロングセラー・テキストの改訂版。
▼建国の理想と不平等な現実の落差、人為的な集団統合の必要性、国としての歴史の短さ。いくつもの弱点を抱えているかに思えるアメリカが、それでもなぜ超大国へと上りつめることができたのか? また、アメリカの時代はもう終わったのか? 
▼WASPという多数派が不在となり、世界でも類のない格差/分断社会となったアメリカ。現代アメリカを読み解くための入門書。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

デューク

3
「アメリカは独立後、一貫して未完成の実験国家として歩み続けている」。そう語る筆者による、現代へと続く米国の軌跡をまとめた一冊。 1776年の独立宣言では、独立後の国名も統治体制も明言できなかった米国。そんな実験国家として産声を上げた米国は、現代にいたるまで未完成のままであり続けた。米国の推進力の源とは、独立宣言に隠された弱点とは、奴隷解放宣言の真の狙いとは、1980年代の低迷の理由とは、などなど。現代の米国を知るうえで欠かせない、歴史に裏打ちされた行動原理を知るためには必読の一冊。いちおし2017/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11252783
  • ご注意事項