なぜか「クセになる」ホテル 東横インの秘密

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

なぜか「クセになる」ホテル 東横インの秘密

  • 著者名:荻島央江【著】
  • 価格 ¥1,620(本体¥1,500)
  • 日経BP(2017/06発売)
  • ポイント 15pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

外観からロビー、客室、スタッフ、宿泊システムまで
隅々まで考え抜かれた工夫がお客を呼ぶ!

ビジネスパーソンに人気のホテルの舞台裏には、
顧客満足向上、収益力向上、生産性・モチベーション向上のヒントが満載

★東横インの面白トリビア、知って得する利用ノウハウも紹介!
 読めば出張が楽しくなるかも・・・?

客室数5万989室、日本最大のホテルチェーン、東横イン。(※注)
“出張族の味方”として、ビジネスパーソンに人気です。
泊まったことはなくても、白地に青い文字で「東横INN」と書かれたロゴマークに、
見覚えがある方は多いのではないでしょうか。

もし東横インに泊まることがあったら、ホテルの外観からロビー、
客室、スタッフまでつぶさに観察してみてください。
「顧客満足」「従業員の生産性とモチベーション」「収益力」の3点を
最大限に高めるため、編み出された数々の工夫に気づくはずです。

たとえば、
・全5万室が同じ間取り
・毎朝、無料のおにぎりを提供
・ゴールデンウィークもお盆も値上げなし
・支配人の97・5%が女性
・「ガンダム風」と言われる制服
・・・こういった工夫には、隅から隅まですべてに理由があるのです。

本書では、そんな東横インの様々な工夫、取り組みを徹底解説します。
そこには、日々の業務改善のヒントが満載。
ホテル業界だけでなく、広い分野のビジネスパーソンにお勧めしたい1冊です。

※2017年1月5日付、「国際ホテル旅館」全国ホテルチェーン客室数ランキングより