恋するフランス文学

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,520
  • Kinoppy

恋するフランス文学


ファイル: /

内容説明

お針子、人妻、娼婦、ボヘミアンの恋、そして同性愛と近親愛。17~20世紀までのここに書き綴られた物語は、フランス文学に幸福な愛が少ないということを明らかにしてくれる。恋する女性は不幸な結末を宿命として甘受しなければならない。女性にとって、恋は「情熱passion」であると同時にまさしく「受難Passion」だった。愛の国の愛のかたちをなぞるように、最高に甘くそして苦いフランス文学を味わいつくす。