イノベーション創発論

個数:1
紙書籍版価格
¥2,640
  • 電子書籍

イノベーション創発論

  • 著者名:佐藤剛【著】
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 慶應義塾大学出版会(2017/05発売)
  • ポイント 24pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784766415513

ファイル: /

内容説明

イノベーションの偶発性をいかにマネジメントするか!エプソンが取り組んだ3つの組織変革と1つの成功事例を通して、イノベーションの本質とは何か、イノベーティブなマネジメントとは何かを考える。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

帯長襷

5
イノベーションは天才だけが起こすものではなく、仕組みで起こせる。正確には100%起こせるわけではないが、誰かによって芽を出したアイデアを成果に結びつけるには育てる環境が必要だということ。天才一人ではできず、芽を育てて実らせることや、その芽をたくさん出させることは環境によってできるということ。環境とは、組織風土、構造、採用、評価制度、マネジメント手法など、人事管理でできるということである。イノベーションを起こす「舞台装置」を整えれば演者(社員)が自律的に動くことは可能である。多くの日本企業に今必要な改革。2018/11/05

壱萬弐仟縁

4
かつて著者からはマーケティング論を学んだ。今なら、ソーシャルマーケティングとかエリアマーケティングを真剣に質問したと思う科目だったな。イノベーションは不況脱出の出発点だと思う。労働者は生産性や効率を上げて実質賃金を上げるしかないが、企業は技術革新しやすい環境をつくると業績にアップしよう。著者はイノベーション起こりやすい環境を整えることを推奨している(56ページ)。確かにそうだと思う。だから一定の時間はかかるだろうが、一度革新されれば、後から数字や結果が付いてくるのだろうな。先生は小柄ながら鋭かった人だな。2013/01/31

ミッキー

0
イノベーションを生む組織運営を日本企業の実例から紹介。シリコンバレー企業の例、イノベーション研究とも共通点があり、イノベーションについての必要条件を再確認しました。2012/10/06

ひかる

0
技術者だけ、デザイナーだけでは製品は作れない2009/05/01

かりぐ

0
こういった組織のイノベーション創出に関する本を読んだのは初めて。途中面白いと思える部分はあったが、最後の章の内容が抽象的でわかりにくかった。2009/01/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/369998
  • ご注意事項