立東舎<br> 高校生が生きやすくなるための演劇教育

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader

立東舎
高校生が生きやすくなるための演劇教育


ファイル: /

内容説明

演劇を通して生徒を生きやすくさせる「ドラマティーチャー」が教える、高校生との向き合い方。

福島の高校で、たった1人で演劇を教えることになった国語の先生。そんな彼女は生徒たちと向き合い、「国語の先生」から「ドラマティーチャー」となります。そして、教育に奮闘する日々を経て、生徒たちと飴屋法水とで作り上げた舞台『ブルーシート』が、「演劇界の芥川賞」、岸田國士戯曲賞を受賞するのです。これは、そんな彼女の活動を追った、真実の物語です。彼女がどうしてドラマティーチャーになり、高校生を教えるようになったのか。生徒と向き合うメソッドから、岸田國士戯曲賞受賞までの歩み、そして現在の取り組みまで、全てを語ります。

※ドラマティーチャーとは・・・学校で、クラブ活動ではなく、教科として演劇を教える先生のこと。日本には、現在数人しか存在しない。

こんな先生に習いたかった! 演劇業界からも大注目

〈特別対談〉平田オリザ

〈特別寄稿〉前田司郎(五反田団)/藤田貴大(マームとジプシー)/水谷八也(早稲田大学教授)/多田淳之介(東京デスロック)/柴幸男(ままごと)

目次

自己紹介~まえがきにかえて
1. 演劇で子供は変わる?~いわきの前任校で学んだこと
2. ドラマティーチャー誕生~福島県立いわき総合高等学校のこと
3. みちこ式演劇メソッド~高校生に「演劇」を教えること
4. 自分と向き合うこと~〈自画像〉
5. 他者と協働する~〈あいさつ〉
6. 生徒たちの世界観を積み重ねる~部活動での作品作り
7. 高校生とプロの演出家~アーティストとの作品作り
8. 3.11~いわきに未来はあるのか
9. 震災のあとで~あの日からを描いた作品と、まさかの岸田國士戯曲賞
10. 新たなチャレンジ~いわきから、大阪
★コラム:前田司郎/水谷八也/多田淳之介/柴幸男/藤田貴大
★対談:いしいみちこ×平田オリザ「生徒が生きやすくなるための演劇教育」
あとがき~表現教育が必要とされる時代