フラワーコミックス<br> 煩悩パズル(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

フラワーコミックス
煩悩パズル(8)

  • 著者名:川上ちひろ【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 小学館(2017/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091391759

ファイル: /

内容説明

ボクシングの推薦のため上京を目指す立獅と、地元の大学を受験する紬。
「遠恋」という未来が徐々に現実味を帯びてくる日々の中、言葉にできない寂しさや不安を抱える2人だけど・・・

“大学からは遠恋”って 結論は一言で済むのに 口に出すのがこんなに怖いなんて――
by紬

・・・おまえの表情も声も しっかり焼き付けておく
by立獅

決めてたから 絶対笑って見送ろうって
by紬

いつかおまえごとさらってくから 覚悟しとけよ?
by立獅

紬、立獅、そして真大、龍弥、るな、禅・・・
それぞれの想いが交錯する、必見の最終巻。

さらにプレミアチーズ!掲載の「煩悩パズル」特別編では、その後大学生になった二人が・・・!?
そして新作よみきり「放課後トキシック」も収録!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

にゃんまげこ

10
独特な雰囲気の漫画でした。紬ちゃんが思ったよりも柔軟性があったので、そんなに読みにくくはなかったかなぁ。初めは微妙なキャラだった龍弥くんが変わったのが、一番のポイントだった気がします。出来れば、真大さんとのその後が見たかった…。それがちょっと残念。2017/06/11

ちえ

7
完結。とりあえず、紬と立獅は遠距離になっても大丈夫そうかな?龍弥はちょっとまともになった…と思っていいよね。大学生になった紬、ホントにかわいくなった。「放課後トキシック」亘、めっちゃチャラ男だわ…。2017/06/05

まさみん

3
完結。前作でイライラさせられたけど、今作は良かった(*^^*)紬のキャラも良かったし、立獅も可愛くていい男だった(^o^)また最初から読み返したくなりました♪♪新作はまた前作みたいな感じ?クズ男?この作者こういう男子が好きね(^^;)2017/05/31

のりあ

1
完走してしまったけど結局なんだったんだろこの漫画……。遠距離はしんどいけど楽しいよ、っていうのは大学時代遠距離してたからよく分かる。本編より読み切りの方が好きだったし次の新連載の読み切りも好きだったけど、この人読み切りの方が向いてるんじゃ……?2017/04/29

チョコろん

0
主役は立獅で、結末が気になるのは龍弥周辺だった印象。龍弥周りは終盤まで全く読めなかった。るなちゃんENDも真大さんENDもありな雰囲気だったし、何なら誰ともくっつかない孤独ENDもありだった。正直、主人公カップルではなく、龍弥の結末を見たくて最終巻まで追ったもの。大事にしたいと思える相手、人を尊重することの大切さに気付けた彼は、一番成長したのでは。それを主人公視点で読みたかった気がする。紬はいい塩梅でストーリーテラーしてくれたけど、主役ではなかったかも。全体として見せ場に至る理由付けが薄い作品ではあった。2017/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11599379

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。