こぼれ落ちて季節は

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

こぼれ落ちて季節は

  • 著者名:加藤千恵【著】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 講談社(2017/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062935975

ファイル: /

内容説明

田舎から上京した愛は、大学のフリーペーパーサークルの先輩・新野に恋をしている。キスもしたしセックスもした。でも彼は愛を好きなのだろうか。一方、那美香も同級生の新野のことが気になっている。二人の思いがたどり着く先は……。アルバイト先の後輩・あさひに思いを寄せる長谷岡と彼に片思いをしている小埜。ろくでもない男との運命を占うあさひと彼女のことを疎んでいる妹のゆき。繊細に揺れ動く感情を描いた連作短編集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

86
めぐる季節のような恋愛模様が美しかったです。リレー形式で紡がれる短編の数々なので、登場人物の気持ちがリンクしていて読みやすかったです。日常は少しずつ時間を刻みながら、季節をこぼしているのでしょうね。鮮やかな恋愛を楽しみました。2018/01/12

ピロ麻呂

38
彼女→その彼氏→その浮気相手→その妹etc.リレー形式の恋愛短編集☆話の終わりが次の始まりにつながっているから、頭をリセットせず続けて読んでいけるヾ(≧∇≦)さすがカトチエ!短編うまいなぁ~短歌もいいけど(^-^)2017/02/15

わった

18
カトチエさんの恋愛小説はやっぱりいい!登場人物が多くて、またそれぞれ関わりがあったりして少し整理しながら読まないとわからなくなってしまいますが、恋愛模様がクロスしている感じが良い。女の子の思いがとてもリアルで感情移入しやすいのが良い。今のタイミングで読んだのもよかったのか、恋愛がうまくいかない女の子たちがすごく響きました。2017/04/30

めぐみ

14
対等な関係に見えて、一方通行だったり全然違う方向を向いていたり。一人一人に人生があっていくら仲良くても全部を共有することはできないけど、何年後かにでもたまにはその相手のことを思い出してまた成長するきっかけにできたらいい。全部が書ききられていないから、この先この人たちの関係がどうなっていくか気になる余韻もいいです。2017/03/02

M78に行きたい雨巫女。

11
《私-図書館》大学のキャンパスライフは、楽しそうだなあ。2021/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11492358

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。