集英社インターナショナル<br> 一億総貧困時代

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

集英社インターナショナル
一億総貧困時代

  • 著者名:雨宮処凛【著】
  • 価格 ¥1,386(本体¥1,260)
  • 集英社(2017/03発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 360pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784797673388

ファイル: /

内容説明

性的虐待の果て、父親の子どもを産んだ女性。長年の介護生活の果て、両親とともに死のうと川に車で突っ込み、娘だけが生き残った「利根川一家心中事件」。介護離職から路上へ、そして支援者となった男性――。ごく一部の富裕層を除き、多くの人々にとってすでに他人事ではない「貧困/自己責任大国」日本の現実とその構造を、さまざまな「当事者」たちへの取材を通して、平易な言葉であぶり出す。疲弊する個人と社会に、今、どんな処方箋がありうるのか。<貧困問題>を10年以上にわたりさまざまな角度から追ってきた著者による、いままさに、切実な1冊。超格差・超高齢化社会の中で、今後、必然的に<弱者>となる多くの私たちは、どう生き抜くことができるのか? 奨学金、ブラック企業、性産業、そして原発事故や外国人労働者問題など、現代のこの国に潜む、あらゆる「貧困」に斬り込んだ渾身の一冊。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒデミン@もも

36
スーパー猛毒ちんどんのライブ。強烈。でも綺麗事では済まない社会。本音がすごい。2017/08/02

うさうさ

25
「貧困」とひとくちに言ってもその背景は様々。本書では最新の事件も織り交ぜ、貧困に至る様々なケースを解説している。 冒頭の「お父さんの子どもを産みました」という幼き頃から性的虐待を受けてきた女性の言葉に戦慄し、脳が理解を拒む。 介護離職、奨学金地獄、貧困による一家心中… 貧困はみんなのすぐ側にあるんだと改めて思う。2017/08/19

磁石

22
色々と最悪すぎて、どこをどう手直しすればいいのかわからない、そもそも根幹から間違っていたのではないかとも思ってしまう……。こんな社会で唯一の利点は、過半数以上が『絶望』を痛感すること/冷徹な眼力が宿ること、生半な幻や快楽じゃもう引き落とせない所に来てしまった。革命や戦争なんて熱狂を引き起こせないほど、冷たく見放されている。もう生き残ることも記憶に残ることすら諦めている、線香花火、切り捨てたつもりが切り捨てられていた。もう謝罪は間に合わない、取り返しはやってくる……。2018/02/02

Artemis

10
福祉の世界では、こうあるべきという正しさが前面に出される。こうあるべき!の枠組みから外れてしまった人は、なかったことにされてしまう。その結果セーフティネットをすり抜けていく人が生まれ、臨機応変さは失われていく。このような状況で求められるのは、正しい、正しくないで判断することではなく、目の前にいる人に寄り添うこと。寄り添わないと本当の困りごとは見えないし、実態もわからない。支援する人もされる人も、一方通行では限界がある。  2019/02/27

かばお

10
社会に背を向けられながらも生きる人たちへのインタビューが掲載されたノンフィクション。過酷な境遇で耐え続ける人たちの記録は、同じ国で起こっていることとは信じがたいが、これが現実なのだろう。自分が今のところいかに幸運だったかを感じさせられた。社会に背を向けられるのは誰にでも起こりうることであるからこそ、他者に寛容な社会を実現したいしさせなければならないと思う。そのためには何が必要なんだ。印象に残ったのは、風俗で働く女性の話。職に貴賤はない。あるのはそれへの人間の考え方だけ、ってこと、つまりは変えられるのだ。2017/03/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11302998

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。