昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,750
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

昭和解体 国鉄分割・民営化30年目の真実

  • 著者名:牧久【著】
  • 価格 ¥2,200(本体¥2,000)
  • 講談社(2017/03発売)
  • 青い空!白い雲!夏のKinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/1)
  • ポイント 500pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062205245

ファイル: /

内容説明

中曽根康弘、井手正敬、松田昌士、葛西敬之……重大証言と新資料が予言する「借金1000兆円をかかえた国家の未来」――本書は国鉄が崩壊、消滅に向けて突き進んだ歴史に再検証を試みたものである。昭和最後の二十年の歳月は、薩長下級武士が決起、さまざまな人物を巻き込んで徳川幕藩体制を崩壊させたあの「明治維新」にも似た、昭和の時代の「国鉄維新」であったのか。それはまた敗戦から始まった「昭和」の解体を意味していた