朝日文庫<br> 週末ちょっとディープなタイ旅

個数:1
紙書籍版価格
¥770
  • 電子書籍
  • Reader

朝日文庫
週末ちょっとディープなタイ旅

  • ISBN:9784022618948

ファイル: /

内容説明

タイ庶民は何を食べている? 鉄道やトゥクトゥクに代わる、速くて便利な交通手段とは? 風俗・飲酒・喫煙を取り締まるなど軍事政権が清廉潔白なイメージ作りに努める様子を横目に、庶民の暮らしに触れ、ラオスとの国境をめぐる旅へ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サンダーバード@永遠の若者協会・怪鳥

75
週末に読書でちょいとディープなタイ旅行を楽しみました。タイトル通りにほんの数日のパック旅行では知ることができないちょいとディープなタイ事情。さすが旅行作家の大御所、下川さんですね。タイは仕事で何度か行きましたが、2014年のクーデター以降はご無沙汰。軍事政権によって賄賂文化が払拭されてクリーンなイメージになったけど、そのぶんある意味なあなあなタイの良さも失われているらしい。プミポン国王崩御の際のタイ国民がとっていた行動など非常に興味深い。今度は仕事でなくて行ってみたいなぁ。★★★★2017/07/30

piro

23
タイ(&ちょっとラオス)のディープな、と言うか素の様子を描いた一冊。週末旅どころか、もはや旅の本ではなく(笑)、「タイの生活」と言った感。下川さんのホームグラウンドだけあって、その内容はとても濃く、生々しい。「タイ料理」と「タイ中華料理」の話やプミポン前国王逝去時の「黒服狂想曲」の話がとても興味深かったです。特に後者は日本人とはちょっと違うタイの人々の感覚が何となく感じられ面白い。長らく行っていないので、久しぶりにタイに行きたくなりました。2019/11/24

きのぴ

19
タイ料理とタイ中華料理の違いが面白かった。私たちが日本で食べてるタイ料理ってほとんどタイ中華料理なのかも。辛いの苦手だからあまりタイ料理食べないけれど、パッタイは大好き。パッタイもタイ中華料理みたい。今や東南アジア一の大都会で物価もそんなに安くないのだろうけど、タイはいつか行ってみたい。音のないラオスの田舎もとても魅力的だった。2022/07/01

ryuetto

8
タイ旅とあるけど、ラストの方ではラオスについても解説があった。いつもながら、それぞれの国の状況を丁寧に説明してくれて、勉強になります。 今回の本では、タイの乗り物として、あまり日本人一般には知られていないバイクタクシーについての説明と、現在の軍事政権についてと、プミポン国王の喪に服しているバンコクの様子など、いろいろ書かれていて読み応えがありました。 どんどん中国が入り込んでいるラオスの状況はちょっと怖い。しかし、どんな国なのかとちょっと興味は持ちました。2017/09/15

いっちょらるれ~

7
下川さんのセンチメンタルな文章が恋しくて・・・ 下川さんのような旅行はできないけれど憧れます。でもタイでは列車の旅は困難だと痛感させられましたせめてバンコクからアユタヤまで列車で行ってみたいものです。 2021/06/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11523176
  • ご注意事項