新潮文庫nex<br> 向日葵ちゃん追跡する(新潮文庫nex)

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫nex
向日葵ちゃん追跡する(新潮文庫nex)

  • 著者名:友井羊【著】
  • 価格 ¥605(本体¥550)
  • 新潮社(2017/02発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101800752

ファイル: /

内容説明

向日葵(ひまわり)は、「おさらぎセキュリティ」でストーカー対策を担当する19歳。調査では暴走しがちと言われるけれど、自分的にはパンケーキ好きの普通の女子だと思っている。ただ一点、元ストーカーという消えない過去をのぞけば――。接近禁止を言い渡された憧れの人に殺人現場で再会し、向日葵の運命が再び動き出す。彼の無実を証明したい、でも近づけない。ほろ苦青春ミステリー、疾走開始(テイクオフ)!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダイ@2019.11.2~一時休止

117
元ストーカーで今はストーカー対策を仕事にしている主人公。面白かったが、こういう終わり方は・・・。2016/10/11

ゴンゾウ

101
とてもライトで読みやすく面白かった。向日葵さん、魅力的なキャラクターですね。続編あるんですよね。期待してます。2018/06/19

キャプテン

74
★★★★☆_「表紙買い〜マンガ編〜フェア」第三弾。いや〜まさかこんな話だったとは。【あらすじ読まずに買ったからビビったね】。ストーカー対策を生業にする19歳の女の子が、実は元ストーカーであり、今もって若干やばめ。高すぎる調査能力(=ストーカー能力)で、担当した女性が殺された事件を追う。過去のストーキング対象が大きく話に絡み、ストーキングする人間の心理に深く踏み込むのが、なんかすごい。ライトな表紙とは裏腹に、かなりディープ。何やらよくわからないハラハラ感と共にミステリーを楽しみたい方には、オススメの作品。2016/10/23

papako

66
やっと読めた。元ストーカーの向日葵ちゃんが防犯アドバイザーとして働く。そんなとき、ある事件現場で愛しい彼に再会!どうなる?ストーカーの心理に詳しい向日葵の対策はタメになる。こういう考えは持っちゃいけないんだな。と。向日葵ちゃんの行為、好意は画家としての晴馬を追い詰めた。向日葵が愛した作品たちは、晴馬だけでは描けなかった。その事実だけで向日葵ちゃんは胸を張っていいと思うよ。結果は悲しい失恋だったかもだけど。犯人はある程度読めるけど、過去の犯罪心理をうまく物語に絡めて、面白い展開でした。2018/08/02

えりこんぐ🐤

65
設定は惹かれたのに、なんだかいまいちでした。殺人犯は分かりやすいし、逃亡する意味もわからない。。絵画についての細かい描写も読み飛ばしちゃった。ストーカーについてもっといろいろ知りたかったのにな。2017/10/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11123268

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。