電撃文庫<br> だれがエルフのお嫁さま?

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
だれがエルフのお嫁さま?

  • ISBN:9784048926515

ファイル: /

内容説明

僕はクルト。百年ぶりに生まれた男エルフだ。男エルフは数が少ないというだけでなく、その子供はとびきり優秀になるという珍しい存在。だから、僕自身はたいした取り柄もないんだけど、子供目的で結婚を望む女性がたくさんやってきたんだ。だけど僕は、誰彼構わず子作りしたいとか思わない。そもそも僕はまだ、完全な男になれていないし……。まあそんな理由があって、僕は三人の女の子たちと、無理やり共同生活をすることになった。性格は真面目で、貧乳をちょっと気にしているエルフのティア、可愛らしくスタイルもいいけど、常識外れに積極的な食人種のゼア、そして年齢にコンプレックスありの、元皇族で魔法使いのイツミだ。え、なんとも羨ましいって? 僕はほんとうに好きな人が見つかれば、それでいいんだけどね。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

27
百年ぶりに生まれた男エルフ・クルトの子種を巡り、三人の女の子達との共同生活を過ごすことになるドタバタラブコメ物語。うん、作者さんらしい作品で一安心。行き遅れ気味の亡国の皇族の女性、スタイル抜群な元気っ娘な食人鬼の女の子、ぺったんクールなエルフっ娘と、それぞれ違った魅力を持つ三人と真面目むっつりエルフ男子の主人公が送るラブコメ劇はドタバタ騒ぎの連続で、最後まで楽しく読む事が出来ました。ぶっちゃけベッタベタな作品やけど、ベタだからこその良さみたいなのがありますね。イラストも可愛らしかったし、今後も楽しみです。2017/01/09

かんけー

13
面白いです♪(^.^)滅多に生まれない?男エルフのクルト、その優秀と言われるDNA を巡って三人の花嫁候補な女性達がクルトと一緒に生活を共にすると言うハーレム?ラブコメ。同じエルフのティアは一歩ひいてクルトに接するが、食人鬼(オーガ)のゼナは逆に積極的でグイグイとwwクルトに迫って来るし?平人種のイツミさんは大人?の女性としてクルトを誘惑するけど、詰めが甘く?思わず苦笑するシーンも。この巻はお話の序章的な雰囲気な感じで、クルトが異性に対するスタンスをまだ確信出来ていない姿が微笑ましいと♪結構ストレートな→2017/02/04

中性色

12
どこが小さいのか。ということで今時逆に珍しい古き良きハーレム系作品。そういうのが得意目な作家でこれなので、安定して読める作品。ただ、まだプロローグ的なポジションなので、明確な山はなかった感じかな。まぁ、設定上ハーレムとはいっても増えまくるタイプではなさそうなので、このキャラでどこまで伸ばせるかといったところが今後どうかなといったところだろうか。個人的にはゼナが好み2017/01/13

真白優樹

11
百年ぶりに生まれたエルフの男子を巡り、三人の少女が火花を散らす物語。―――姫になるのは只一人、故に隣は譲れない。三人のタイプが違う姫、だけど相手の男子は一人だけ。そんな彼らが巻き起こし繰り広げる騒がしく賑やか、だけど楽しい恋物語は故に面白い。全体的に言えばファンタジーの世界を舞台にした王道ど真ん中のラブコメであり、既に舞台がある程度整っているからこその面白さも感じられるという作者様の地力の高さも感じ取れる内容となっている。只の異世界ラブコメも時にはいいものである。この先どうなるのか。 次巻も楽しみである。2017/01/10

nawade

8
★★☆☆☆ だいたい母親のせい。2017/02/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11264172

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす