幻冬舎単行本<br> 暗闘

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,650
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

幻冬舎単行本
暗闘

  • 著者名:山口敬之【著】
  • 価格 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 幻冬舎(2017/01発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344030633

ファイル: /

内容説明

そのときトランプ、オバマは、
そしてプーチン、朴槿恵(パククネ)は――
ただ日本のために――
安倍晋三の信念と矜持。

安倍・トランプ会談の意味/オバマ外交とは何だったのか/
トランプ政権が狙うアジア政策とは/今後の日米関係の行方/TPPと交渉力/
官邸と外務省の軋轢/日本版NSCと外交担当総理補佐官新設の意図/
官邸主導「北方領土交渉」の全貌/内なる敵による情報漏洩/
保守政治家としての宿命……ほか  最も政権中枢を取材してきたジャーナリストが
独自情報(ソース)から描く知られざる安倍外交の全貌。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

宇宙猫

27
★★★ トランプとのパイプ作りに奔走していた話は面白かったけど、安倍首相をあまりに良く書き過ぎで信用できないな。2017/05/01

またおやぢ

21
どこまで本当の話であるかは定かではないが、政治家には気概と志の高さが肝要であると再認識する。耳障りの良い、近視眼的で思慮の浅い発言や行動が散見される世の中で、何と思われ言われようとも自国の利益を最大化を優先的に考える姿勢には敬意を覚える。複雑で変動や曖昧さにより不確実性が増した昨今であるからこそ、彼らが果たそうとしている役割を深く理解し、その上でこの国の国民として、権利を主張し享受すると同時に義務を果たすことの重要性を再考した一冊。2017/03/07

Lila Eule

13
闘う相手が内なる敵にもあったとは。対米、対ロ、対中、対韓とこれまで歴代の政治屋が避けてきたのとは異なることに驚いた。外務省の実態とはここまで精神が頽廃した高学歴の王朗達であったとは。嘆かわしい。外務省の上に安全保障の組織としての対外組織が必要な理由がよくわかった。前作の「総理」同様に新聞・テレビでは知りえない緊迫情勢の真実を知る思いがつくづくした。ここ数年の政治・国際情勢への日本の対応には得心。新聞・テレビの欺瞞・自己満足報道にはますます辟易。今後も新聞・テレビは要注意。2017/03/11

takam

11
安倍首相について必ずしも良く思っている人もいないし、現時点で著者が女性に対して不適切な行動をしたというニュースもある。その状況の中読んだわけなので、あまり評価らしいことはしたくない。この本から読み取れることは国際政治は対外的な交渉の難しさもあるが、リーダーシップをとる政治家とマネジメント重視の外交官僚がうまく連携することがより難しいと感じる。何事も同じ目的に対して連帯感を生むことが難しいし、それができたらほぼ成功なんだろうなと思った。政治家は仕事をするほど敵を作る生き物なのだろう。2019/12/25

Mik.Vicky

11
久しぶりに我が国に誕生した長期政権。野党や一部サヨクは批判するが、私は安倍総理に長期的に頑張って欲しいと思う。安倍総理にしか出来ないことがたくさんある。トランプとの付き合いとか、プーチンと交渉し北方領土問題を進展させるとか、安倍外交の実績が具体的に記録されている本。また、一番我が国にとって重要な憲法改正を実現させることも安倍総理に期待したい。選挙にはぜひ行かねば。2017/06/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11497508

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。