硝子細工のマトリョーシカ

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,034
  • Kinoppy
  • Reader

硝子細工のマトリョーシカ

  • 著者名:黒田研二【著】
  • 価格 ¥979(本体¥890)
  • 講談社(2017/01発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784061821934

ファイル: /

内容説明

生放送のテレビドラマ本番中に、スタジオ内で次々と勃発する事故。毒は本物にすり替えられ、脅迫電話は真実の声音(こわね)となり、脚本に秘められた真実は、慟哭(どうこく)と贖罪(しょくざい)の扉を開く。「完全なる虚構(パーフェクト・フィクション)」と「不完全な虚構(インパーフェクト・フィクション)」という2つの世界が交錯する、入れ子トリックの博覧会。この物語は、著者自らが奏でる鎮魂歌でもある。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

coco夏ko10角

33
生放送のテレビドラマ・マトリョーシカの本番中に次々と事件が!自分の頭では後半ちょっと状況整理大変だったけど(汗、上位ランクインも納得のトリックでした。2017/01/13

CCC

11
この題材で大技使わず突拍子もない事せずに、普通にドラマミステリーやってるとは思わなかった。タイトル絶妙。工芸品的な美しさは確かにあったと思います。2014/01/09

調布ヶ丘ダンスダンスレボリューション

9
劇中劇の利用し、更にその劇中劇の中に劇を入れることで、マトリョーシカのような複層構造をとった作品。劇中劇の毒殺未遂シーンで、本当に毒殺未遂が起こってしまい、その複層構造の層ごとにそれぞれ謎解きがされていくところが面白く、頭が混乱しそうになりながらも、面白く読ませてくれる。単なる入れ子構造だけではなく、ミッシングリンクや密室など、お馴染みの要素でも驚かされる。黒田作品はまだ数冊しか読んでいないけど、この人の作風はすごく好きかも。「クレイジークレーマー」みたいなパンチ力はないけど、非常に完成度の高い作品。2017/10/22

いたしゃん

9
トリックが凄いという評判を期待して。確かに凄い。うおーマジで?!という凄さというよりは、へぇー良くここまで複雑なものを描ききったなあ、という凄さですね。「完全なる虚構」と「不完全な虚構」が錯綜する中、どこからどこまでが演技?ということに興味を惹かれ続け、最後に明かされる真相からマトリョーシカ構造の全貌を知ります。一つ下の階層に進むたびに異なる真相が姿を現し、非常にややこしいのですが、その緻密な構成はまさに硝子細工のように美しく感じました。2013/06/09

アツシカ

6
題名通りの入れ子構造。凝ってるなぁ。虚実の境を意図的に曖昧にする手法で真正面から本格に挑んだ力作。とにかくラストシーンに向かって書かれてる感じが見え見えだったけど面白かったし文句はない。構造そのものを楽しむタイプのミステリで、そういう点でもマトリョーシカだった。2017/05/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/467080

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。