電撃文庫<br> 断罪のレガリアII ―星の偶像―

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

電撃文庫
断罪のレガリアII ―星の偶像―

  • ISBN:9784048661935

ファイル: /

内容説明

世界的に数多の行方不明者を出し続ける巨大で不可解な六芒星事件。シオンたちは、黒装退魔師団(ホーリーオーダー)よりも高位の組織であり教会直属の『熾天使の六翼(フラベラム)』の命により、魔王級の悪魔が絡むであろう凶悪事件の調査に乗り出すことに。 その一方で、八慧は幼い頃に亡くした母親を思い出し、感傷に浸る日々が続いていた。そんなある日、トップアイドルと偶然出会ったことで、八慧は不思議な事件へと巻き込まれていくことになり……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シンヤ

9
書きたいことの熱意は伝わるんだけど、尺的な都合で盛り込みすぎてちょっと溢れちゃった感じに。基本骨子は熱意ともに伝わるが、上手くまとめ切れていないのが惜しいかな。断片的とまでは言わないが、きっちりと填まっていない感じで、ちょい読みにくいかな。設定もしっかりと考えて、伝えようとする意気込みは感じるけど、つんのめってる文章かな。直球のはずが、ううむ。あと相変わらず中二臭いなw 物語の方針は悪くないから、もう少し背景の掘り下げ、緩急が欲しいかなと。でも、上手くはないけどなんかこう好感が持てる作品、嫌いじゃないよ。2014/01/04

7
買ってからずっと積んでいたのをようやく読了。他の感想でも指摘されているが、詰め込んでいる印象。八慧かわいいで読み切った。悪魔の設定やらは好きなので続きを読みたいなーと思うのだけど、続きが出ないのも納得してしまうのが悲しい。もうちょっと話の筋を一つに絞れば、この巻の内容を密度濃くして二、三巻分に出来たのではないかなー。2017/07/16

眼鏡のおっさん

5
結構面白かったな、という感想の割に、ストーリーとか構成とか、文面から伝わる感情とか疾走感とか、そういう諸々が大体の及第点なカンジで、正直ちょっともったいない。キャラはキャラで、シオンをズタボロにするならするでもうちょっと見せようがあると思うし、架々世はうしとらの凶羅みたいだったけどやっぱりもうちょっと見せようがあったろう。とはいえ、個人的には(シオンの態度あっての)八慧が萌え萌えしてたまらんので、大体の事は許す。次巻待ってる。2014/06/03

ブー

4
2巻目!内容を盛り込もうとして、ちょっと読みづらくしてしまった感あり。個人的には、好きなジャンルではあるが・・・その場・その場の事柄が多くて、ちょっと、判りづらい。2013/12/19

■■■(伏せ字)

1
この巻はけっこう面白かった。ヒロインにフォーカスが当たって魅力がよく出てたと思う。構成が散らかりぎみでストーリーの出来は今一つなんだけど、八慧たんええ子やわーっていう軸があったのでなんとかまとまったっぽい。2015/01/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7846958

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす